MAGAZINEのトップへ戻る

いつものコーヒーでシロップ作り!絶品「コーヒーかき氷」に挑戦

2020.07.08
夏のお楽しみのひとつ、かき氷!行列必至の専門店だけでなく、夏のカフェメニューとして見かけることも増えました。
そんなお店で食べるかき氷とは趣は変わりますが、好きな器に好きな量だけ盛って食べられる「おうちかき氷」もまた楽しいもの。今年はぜひおうちで「コーヒー味のかき氷」を作ってみませんか。

〝いつものコーヒー〟でシロップ作り

今回は家にあるコーヒーを使って、ありそうだけど意外と無い「コーヒーのシロップ作り」に挑戦してみましょう。シロップは冷蔵庫で数日保存ができますので、少し多めのレシピでご紹介します。

材料

《できあがり量目安:480g程度》

■お好きなコーヒー(豆でも粉でも) … 50g
■ガムシロップ(アイスコーヒーなどで使う市販のもの)… 180g
■抽出用のお湯  適量(注ぐのは400ml程度)
■コーヒー液を急冷する氷水(サーバーを冷やせるよう多めに)

作り方

今回は「My COFFEE お届け便」で届いたコーヒー「NAGOMI」を使いました。香ばしい深みのある味わいがシロップにしても際立ちます。他にも、エチオピア(モカ)のような果実感のあるコーヒーで作れば、一緒にフルーツを盛り付けたりしても合いそうです。ぜひ色々試してみてください。

① コーヒーを淹れます

ペーパードリップで、50gのコーヒーに対して400mlのお湯で抽出します。
お湯が粉に吸収されるので、約300ml程度のコーヒー液ができます。

※豆から挽いて作る場合は、いつもより少し細かい挽き方にしてみてください。粉から淹れる場合もゆっくりと時間をかけて抽出するなど、いずれにせよ、そのまま飲むときより濃いめのコーヒー液にするのがポイントです。

② コーヒー液を冷やします

サーバーのまま、氷水をいれたボウルなどに浸け込み、冷します。この時、氷を直接入れて薄めたりしないように。また冷蔵庫で時間をかけて冷やすと濁りが出てしまうので、氷水に容器ごと浸けて急速に冷やす!を守ってください。

③ シロップを混ぜて完成

コーヒー液がしっかり冷えたら、その中でシロップ 180gを入れてよく混ぜたら完成です。保存する場合は清潔なガラス容器などに入れて冷蔵庫で保存してください。

アレンジに挑戦!
コーヒーホリックなかき氷パフェ

氷にコーヒーシロップのみのシンプルなかき氷の次は、アイスクリーム、練乳、生クリームなど、コーヒーにベストマッチなミルキーアイテムをプラスして味変してみるのもおススメ。お子さんにも喜ばれるかき氷になります。

さらに、こんな盛り盛りゴージャスなコーヒー好きにはたまらない「かき氷パフェ」も作ってみませんか?

材料

大人もワクワクするかき氷パフェはコーヒー尽くし。
こちらの材料以外でも、おうちにあるものでぜひアレンジしてみてください。

今回の盛り付けに使用したのはこちらです。

■氷(すぐに溶けにくいクラッシュタイプのもの)
■コーヒーシロップ
■バニラアイスクリーム
■コーヒーゼリー
■コーヒーカステラ
■極細挽きにしたコーヒー粉

図のように盛り付けて出来上がりです。

コーヒーシロップは、ミルク用のピッチャーなどに入れて別添えすることで、アイスにかけてみたり、氷にかけてみたり、食べる人の好きなタイミングで使えるのも魅力です。

コーヒーの粉は、シロップに使ったコーヒーを細かく挽いて使うことで味と香りのマッチ度もアップ。コーヒーゼリーも手作りするなら、同じコーヒーを使用しても良いですね。お好みにもよりますが、甘さのある材料が多いのでゼリーは無糖にすると苦味がアクセントになります。

ひとつのグラスの中で色々なコーヒーの顔が見える贅沢なデザート。いつものコーヒーを使って、冷え冷えのデザートタイムを過ごせるアレンジメニューのご紹介でした。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

 HISTORY

閲覧履歴
ページトップ