How to

コーヒー初心者にフレンチプレスをおすすめしたい3つの理由

2019.02.01
コーヒーを淹れる器具の一つに、「フレンチプレス」があります。ティーポットのように器具ごとテーブルへ運んでくれるカフェも多いので、触れたことがある人も多いかもしれません。

実は、フレンチプレスは手軽にコーヒーを淹れられるすぐれもの。さらに「豆が持つそのものの味を楽しめる抽出器具」ともいわれており、コーヒー初心者におすすめの器具でもあります。

そもそも、フレンチプレスって、何?

 

日本では紅茶用として発売されてブームになったこともあり、フレンチプレス=紅茶用というイメージを持つ方もいるようですが、もともとは、コーヒーを淹れるためにフランスで開発されたもの。ちなみに、「コーヒープレス」「カフェプレス」「プランジャーポット」などと呼ばれることもあります。

 

基本的な淹れ方は、ガラスポットにコーヒー粉をセットしてお湯を注ぎ、数分間コーヒー成分を抽出するだけ。サイズも大小あり、「自分のための一杯」「家族みんなの分」など、幅広い家淹れのシチュエーションに対応できる、万能タイプです。

 

 

コーヒー初心者にフレンチプレスをおすすめする3つの理由

フレンチプレスは「おいしいコーヒーを飲みたいけれど、自分で淹れるのは難しそう……」と考える、“一歩を踏み出せないコーヒー初心者”におすすめしたい器具です。おすすめしたい理由は、3つあります。

 

 

理由その①「テクニック不要で手間いらず」

フレンチプレスの最大のメリットは、何といっても、抽出のテクニックが不要なところ。湯量、粉量、蒸らし時間を決めて手順通りに作れば、誰でも味わいがあるコーヒーを淹れることができるんです。また、コーヒー粉を入れてお湯を注いだ後は放置しておけば完成するので、忙しい朝でも時間を有効活用できるのは、着目すべき点でしょう。

 

 

理由その②「コーヒーの成分を余すところなく、抽出できる」

フレンチプレスはコーヒー粉をお湯に浸して抽出するため、コーヒーの成分をしっかりと抜き取ることができます。豆の味わいがダイレクトに感じ取れるので、コーヒーそのものの味わいや特徴にこだわった豆選びをしてみるのも、フレンチプレスの楽しみ方の一つでしょう。

 

サードウェーブ以降、産地や精製方法にこだわったコーヒー豆が注目を浴びています。生産者が目指した味わいが明示されているコーヒーを楽しむときには、抽出スキルが問われる器具より、安定した抽出ができるフレンチプレスの方が向いているともいえます。

 

理由その③「金属フィルターならではのアロマオイルを楽しめる」

 

金属製のフィルターも、フレンチプレスの大きな特徴。紙フィルターのように油分をこし取ってしまうことがないため、コーヒーオイルを含んだコーヒーに仕上がります。ブラックコーヒーはもちろんのこと、アロマオイルと相性の良いミルクを入れてもコクのあるコーヒーを作ることができます。

 

 

フレンチプレスを使ったコーヒーの淹れ方

 

用意するもの

  • フレンチプレス
  • コーヒー
  • お湯

 

適したコーヒーと分量

お好みのコーヒーを、中挽き程度に挽いて使います。1杯分の目安としては、コーヒー粉12~13g程度に対して、お湯160ccが適量です。

 

作り方

①コーヒーを入れる

あらかじめ温めておいたガラスポットの中に、杯数分のコーヒーを入れます。

 

 

②お湯を入れる

お湯を入れたらコーヒーとしっかりなじませます(乾いた粉がなくなるように)。

 

 

③抽出する

金網フィルターを下ろさない状態のまま(つまみを引き上げた状態のまま)ふたをかぶせ、4分程度そのまま置き、抽出します。

 

 

これが、金網フィルターを下ろしていない状態。

 

④濾して、注ぐ

つまみを押し、金網フィルターでコーヒーの粉を押し下げ、カップに注ぎます。

 

 

 

 

金属フィルターは、どうしてもカップの中に微粉が入りやすくなります。注ぐ際には注意しましょう(とはいえ、多少の微粉はフレンチプレスの“味”です)。

 

 

今回使用した器具

 

〈bodum KENYA〉 フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L

 

シンプルでモダンなデザインが人気の、〈bodum KENYA〉。ステンレス製のメッシュフィルターはコーヒー豆の旨みや香り、豆の油分をしっかり抽出してくれます。スペアパーツも揃っているおり、長く愛用したい方にはぴったりな商品です。

bodum – コーヒーメーカー

 

 

フレンチプレスを、家淹れの最初のパートナーに——

 

フレンチプレスは、時間が惜しい人、ハンドドリップ以外の器具で家淹れに挑戦してみたい人にとって、最高のパートナーになるでしょう。使い方に慣れてきたら気になった豆に挑戦してみるなど、自分好みのコーヒーを見つけてみてください。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

 RANKING

人気記事

 CATEGORY

カテゴリー

 KEYWORD

キーワード
ページトップ