Product

コーヒー好きにおすすめ!絶妙なハーモニーを楽しめるコーヒーチョコ菓子6選

2019.01.10
コーヒーのお供の定番・チョコレート。コーヒーとチョコレートが溶け合う瞬間は、幸せそのものですよね。

そんなコーヒーと相性抜群のチョコレートをより楽しんでいただくために、今回は編集部でおすすめのチョコレート菓子を集めてみました。

コーヒーとチョコレートの相性が良いのは、共通点が多いから

そもそも、なぜコーヒーとチョコレートはこんなにも相性が良いのでしょうか。その秘訣は、共通点の多さにあるのかもしれません。たとえば、どちらも苦味と甘味のバランスが重要だったり、製造工程の中で焙煎されたり。

なかでも決定的な共通点として「原産地」と「成分」が挙げられます。

 

共通点①原産地が近い

コーヒーは、主に赤道を挟んで南北緯25度のエリアで栽培される植物です。そしてチョコレートの原料であるカカオもまた、主に赤道を挟んだ南北緯20度の地域——アフリカや中南米などで多く栽培されています。

 

共通点②成分が近い

コーヒー豆と、チョコレートの原料であるカカオ豆には、どちらもポリフェノールとカフェインが含まれているんです。ちなみに、カカオ豆のカフェイン量は少なく、ポリフェノールの方が多く含まれています。

 

編集部おすすめのコーヒーチョコレート菓子6選

ここからは、実際にコーヒーと食べ合わせを楽しみたいおすすめのチョコレート菓子をご紹介します。気になるものはぜひ試してみてください。

 

①神戸フランツ『珈琲アーモンドチョコレート』

 

ローストされた大粒のアーモンドをキャンディーでコーティングした後にチョコレートで包み、コーヒーパウダーを振りかけたお菓子です。

 

甘さが控えめなので、あまりチョコレートを食べないという方にも喜んでもらえるでしょう。

 

『珈琲アーモンドチョコレート』は一粒一粒がキャンディのように包まれているので、ちょっとずつ食べたい方におすすめです

 

また、高級感を感じさせる、ロゴが銀箔押しされた紙製の小箱に入っているので、プレゼントとしてもぴったりなお菓子といえるでしょう。

 

▼商品情報はこちら
神戸フランツ『珈琲アーモンドチョコレート』

 

②SAZA COFFEE『コーヒー豆チョコ』

 

茨城県ひたちなか市に本社を置くコーヒー会社・株式会社サザコーヒーさんの人気商品『コーヒー豆チョコ』です。

 

かわいらしい色をしたチョコレートの中にはコーヒー豆が丸ごと入っており、かんだ瞬間のパリッとした食感が楽しいお菓子です。

 

「コーヒーは、食べてもおいしいんだ」と、コーヒーの新たな食の魅力に気づかされるかも?

 

味は、ミルク、ビター、ホワイト、ストロベリーの4つ。小袋入りのタイプもあるので、“お配り用のお菓子”としても活躍してくれそうです。

 

▼商品情報はこちら
SAZA COFFEE『コーヒー豆チョコ』

 

③Butlers『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』

 

「アイリッシュコーヒー」とは、アイリッシュウイスキーをベースにしたカクテルのこと。

 

名前に「コーヒー」が含まれているので純粋なコーヒーと思いきや、コーヒーと生クリームや砂糖を使って作る、甘いお酒です。

 

Butlers(バトラーズ)が手掛ける『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』は、そのアイリッシュコーヒーをイメージして作られた、洋酒入りチョコレート菓子です。

 

「トリュフ」はボール形ですが、このお菓子はバー形。中のガナッシュにあたる部分に、コーヒーが使われています。

 

夜のひとときにコーヒーを飲みながら、ゆっくりと、少しずつ、食べる。お酒の代わりに『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』をたしなんで、“大人のチョコレートの味わい方”を堪能しましょう。

 

▼商品情報はこちら
Butlers『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』

 

④Omnom Chocolateオムノムチョコレート コーヒー+ミルク

 

『オムノムチョコレート コーヒー+ミルク』アイスランドのBEAN TO BAR(ビーン トゥ バー)チョコレートメーカー、Omnom(オムノム)社製の板チョコです。

 

商品名に使用するカカオの生産国名を冠したチョコレートが多い中、この商品は商品名に社名が入っている珍しいパターン。ちなみに、ニカラグア産のコーヒーを使っています。

 

封筒のような作りのデザイン性の高いパッケージなので、プレゼントしても喜ばれること、間違いなし。チョコレートに入った切れ込みも変則的でユニークです。

 

味は甘めのミルクチョコレートからしっかりとコーヒーの風味が香ってくる本格派。自分用に買い溜めしたくなる一品です。

 

※カカオ豆から板チョコレートになるまでを一気通貫で製造すること。

 

▼商品情報はこちら
Omnom Chocolateオムノムチョコレート コーヒー+ミルク

 

⑤ROYCE’『マシュマロチョコレート[ミルク珈琲]』

 

北海道の大人気チョコレートメーカー・ROYCE’(ロイズ)で見つけたのは、コーヒー味のチョコレートでコーティングしたマシュマロ。

 

ふんわりとやさしい口当たりで、冬のおやつにぴったりです。マシュマロをコーヒーに浮かべて飲む方法もあるので、マシュマロ三昧のコーヒーブレイクを楽しんでみてください。

 

▼商品情報はこちら
ROYCE’『マシュマロチョコレート[ミルク珈琲]』

 

⑥【番外編】グリコ『神戸珈琲コロン』

 

ここまでご紹介してきた5つはコーヒーを使ったチョコレートでしたが、この『神戸珈琲コロン』はコーヒー粉がそのまま使われたお菓子です。

 

クリームをパリッと心地良い食感のワッフル生地で巻いたロングセラーお菓子『コロン』の近畿地区限定バージョンです。

 

食べてみると、意外なほどしっかりとしたコーヒーの香りと風味が口の中に広がります。

 

その理由は、コーヒー豆を細かく挽いた粉がそのままクリームに混ぜ込んであるから、だそう(確かに黒い“つぶつぶ”が見えます)。

 

新神戸駅や神戸にあるUCCコーヒー博物館などで販売されているので、近畿地方を訪れた際はぜひ購入してみてください。

 

▼商品情報はこちら
グリコ『神戸珈琲コロン』

 

コーヒーにチョコを溶かして作る「チョコカフェオレ」を楽しもう

お菓子だけでなく、コーヒーとチョコレートを組み合わせたドリンクも、もちろん抜群においしいんです。シンプルにコーヒーにチョコレートを溶かしてもいいですし、ミルクを加えるとまろやかさが増し、コーヒーとチョコレートがよく馴染みます。

 

自宅でも気軽に作れる「チョコカフェオレ」のレシピをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

材料

  • コーヒー 200cc
  • 温めた牛乳 150cc
  • 削りチョコ 少量

作り方

1. ポットを2つ用意し、それぞれにコーヒー、ミルクを入れる。

2. それぞれのポットを手に持ち、傾けてバランスよく半々に注ぎ込む。

3. 削りチョコをそっとふりかける。

 

コーヒーチョコレートのお供に、美味しいコーヒーを淹れましょう

 

コーヒーチョコレートを楽しむなら、合わせる飲み物はやっぱりコーヒーがいいですよね。

 

たとえば「1杯抽出タイプ」なら、紙製のドリッパーにあらかじめ1杯分の量のコーヒーが入っているため、自分で豆を用意する手間が省けるのは1杯抽出タイプの利点といえるでしょう。

 

「もう少し本格的に淹れてみたい」「いろいろな豆のコーヒーを飲んでみたい」と思ったら、ぜひ本格的な家淹れにチャレンジを。ペーパードリップであれば比較的挑戦しやすいでしょう。

 

こちらの記事では、自宅でコーヒーを楽しむための淹れ方をタイプ別にご紹介しています。

 

インスタントから本格ドリップまで、ご自身にあった淹れ方を見つけてみてください。

 

【淹れ方別】おすすめのコーヒータイプまとめ|手軽なインスタントから本格ドリップまで

 

コーヒーチョコレートで最高のブレイクタイムを

コーヒーを丸ごと使ったものや、生地にコーヒーを練り込んだものまで、コーヒーの使い方によって、チョコレートとチョコレート菓子の食感や風味は、大きく変わります。

 

今回ご紹介した中から気になったものをいくつか購入して食べ比べてみるのも、楽しいでしょう。もちろん、そのときのお供には、おいしいコーヒーを用意してくださいね。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

こちらの記事もオススメ

     RANKING

    人気記事

     CATEGORY

    カテゴリー

     KEYWORD

    キーワード
    ページトップ