Product

おすすめのコーヒーチョコ菓子6選|コーヒー好きにぴったりな大人な味わい

2019.01.10
コーヒーのお供の定番・チョコレート。コーヒーとチョコレートが溶け合う瞬間は、幸せそのものですよね。
そんなコーヒーと相性抜群のチョコレートをより楽しんでいただくために、今回は編集部でおすすめのチョコレート菓子を集めてみました。

コーヒーとチョコレートの相性が良いのは、共通点が多いから?

そもそも、なぜコーヒーとチョコレートはこんなにも相性が良いのでしょうか。その秘訣は、共通点の多さにあるのかもしれません。たとえば、どちらも苦味と甘味のバランスが重要だったり、製造工程の中で焙煎されたり。

なかでも決定的な共通点として「原産地」と「成分」が挙げられます。

共通点①原産地が近い

コーヒーは、主に赤道を挟んで南北緯25度のエリアで栽培される植物です。そしてチョコレートの原料であるカカオもまた、主に赤道を挟んだ南北緯20度の地域——アフリカや中南米などで多く栽培されています。

共通点②成分が近い

コーヒー豆と、チョコレートの原料であるカカオ豆には、どちらもポリフェノールとカフェインが含まれています。ちなみに、カカオ豆のカフェイン量は少なく、ポリフェノールの方が多く含まれています。

 

編集部おすすめのコーヒーチョコレート菓子6選

ここからは、実際にコーヒーと食べ合わせを楽しみたいおすすめのチョコレート菓子をご紹介します。気になるものはぜひ試してみてください。

①神戸フランツ『珈琲アーモンドチョコレート』

ローストされた大粒のアーモンドをキャンディーでコーティングした後にチョコレートで包み、コーヒーパウダーを振りかけたお菓子です。甘さ控えめなので、あまりチョコレートを食べないという方にも喜んでもらえそう。

『珈琲アーモンドチョコレート』は一粒一粒がキャンディのように包まれているので、ちょっとずつ食べたい方におすすめです

また、高級感を感じさせる、ロゴが銀箔押しされた紙製の小箱に入っているので、コーヒー好きな方へのプレゼントにも。

▼商品情報はこちら
神戸フランツ『珈琲アーモンドチョコレート』

 

②SAZA COFFEE『コーヒー豆チョコ』

茨城県ひたちなか市に本社を置くコーヒー会社・株式会社サザコーヒーさんの人気商品『コーヒー豆チョコ』です。かわいらしい色をしたチョコレートの中にはコーヒー豆が丸ごと入っており、かんだ瞬間のパリッとした食感が楽しいお菓子です。

「コーヒーは、食べてもおいしいんだ」と、コーヒーの新たな食の魅力に気づかされます。味は、ミルク、ビター、ホワイト、ストロベリーの4つ。小袋入りのタイプもあるので、“お配り用のお菓子”としても活躍してくれそうです。

▼商品情報はこちら
SAZA COFFEE『コーヒー豆チョコ』

 

③Butlers『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』

「アイリッシュコーヒー」とは、アイリッシュウイスキーをベースにしたカクテルのこと。名前に「コーヒー」が含まれているので純粋なコーヒーと思いきや、コーヒーと生クリームや砂糖を使って作る、甘いお酒です。

Butlers(バトラーズ)が手掛ける『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』は、そのアイリッシュコーヒーをイメージして作られた、洋酒入りチョコレート菓子です。

「トリュフ」はボール形ですが、このお菓子はバー形。中のガナッシュにあたる部分に、コーヒーが使われています。

夜のひとときにコーヒーを飲みながら、ゆっくりと、少しずつ、食べる。お酒の代わりに『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』をたしなんで、“大人のチョコレートの味わい方”を堪能しましょう。

▼商品情報はこちら
Butlers『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』

 

④Omnom Chocolateオムノムチョコレート コーヒー+ミルク

『オムノムチョコレート コーヒー+ミルク』アイスランドのBEAN TO BAR(ビーン トゥ バー:カカオ豆から板チョコレートになるまでを一気通貫で製造すること)チョコレートメーカー、Omnom(オムノム)社製の板チョコです。

商品名に使用するカカオの生産国名を冠したチョコレートが多い中、この商品は商品名に社名が入っている珍しいパターン。ちなみに、ニカラグア産のコーヒーを使っています。味は甘めのミルクチョコレートからしっかりとコーヒーの風味が香ってくる本格派で、チョコレートに入った切れ込みが変則的になっているデザインもユニーク。自分用に買い溜めしたくなる一品です。

パッケージも封筒のような作りでデザイン性が高いので、ちょっとしたプレゼントとしても使えそう。

▼商品情報はこちら
Omnom Chocolateオムノムチョコレート コーヒー+ミルク

 

⑤ROYCE’『マシュマロチョコレート[ミルク珈琲]』

北海道の大人気チョコレートメーカー・ROYCE’(ロイズ)で見つけたのは、コーヒー味のチョコレートでコーティングしたマシュマロ。

ふんわりとやさしい口当たりで、冬のおやつにぴったりです。マシュマロをコーヒーに浮かべて飲む方法もあるので、マシュマロ三昧のコーヒーブレイクを楽しんでみてください。

▼商品情報はこちら
ROYCE’『マシュマロチョコレート[ミルク珈琲]』

 

⑥【番外編】グリコ『神戸珈琲コロン』

クリームをパリッと心地良い食感のワッフル生地で巻いたロングセラーお菓子『コロン』の近畿地区限定バージョンです。

ここまでご紹介してきた5つは、コーヒーを使ったチョコレートと言っても、一見そうとはわかりにくいものでしたが、この『神戸珈琲コロン』は、コーヒー豆を細かく挽いた粉がそのままクリームに混ぜ込んであるのがポイント。確かに黒い“つぶつぶ”が見えますね。

食べてみると、しっかりとしたコーヒーの香りと風味が口の中に広がり、これまた当然かもしれませんが、コーヒーとよく合いそう。

新神戸駅や神戸にあるUCCコーヒー博物館などで販売されているので、近畿方面を訪れた際はぜひ探してみてください。

▼商品情報はこちら
グリコ『神戸珈琲コロン』

 

コーヒーにチョコを溶かして作る「チョコカフェオレ」を楽しもう

お菓子だけでなく、コーヒーとチョコレートを組み合わせたドリンクも。シンプルにコーヒーにチョコレートを溶かすだけでも良いですが、ミルクを加えるとまろやかさが増し、コーヒーとチョコレートがよく馴染みます。

自宅でも気軽に作れる「チョコ カフェ・オ・レ」のレシピをご紹介します。

材料

  • コーヒー 200cc
  • 温めた牛乳 150cc
  • 削りチョコ 少量

作り方

1. コーヒーに温めめた牛乳を注ぎます。
2. 削りチョコをそっとふりかけてできあがり。

 

コーヒー&チョコレートで最高のブレイクタイムを

コーヒーを丸ごと使ったものや、生地にコーヒーを練り込んだお菓子などをご紹介しました。チョコレートとコーヒーを組み合わせたスイーツは、探せばまだ色々ありそうですね。

見つけたら、ぜひお供においしいコーヒーを用意して、素敵なコーヒータイムをお過ごしください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

こちらの記事もオススメ

     RANKING

    人気記事

     CATEGORY

    カテゴリー

     KEYWORD

    キーワード
    ページトップ