How to

コーヒーのアレンジレシピ|気軽に楽しめるおうちカフェでコーヒータイムをよりよいひとときに

2019.01.09
休日に自宅で淹れるコーヒータイムは、気分もやすらぐ大切なひとときです。ブラックでじっくり味わうのもいいですが、たまには違った味わいを試してみませんか?

今回は、家庭によくある材料を使ったコーヒーアレンジレシピをご紹介します。どれも簡単にできるのでぜひ気軽に楽しんでみてください。

自宅でできるコーヒーアレンジレシピ①体の芯から温まる「蜂蜜しょうがコーヒー」

 

材料(1杯分)

  • お好みのコーヒー 140ml
  • すりおろしたしょうが 小さじ1/4
  • 蜂蜜 小さじ1

作り方

①コーヒーを淹れる。

 

②すりおろしたしょうがと蜂蜜を入れたカップにコーヒー注ぎ入れ、よく溶かして、出来上がり。

 

▼編集部スタッフが飲んでみた!

しょうが独特の香りがしょうが好きにはたまらない、一杯。蜂蜜のコクのある甘さがしょうがの辛みを押さえ、味に深みを持たせてくれます。

 

お好みの甘さに調整できるよう、蜂蜜はピッチャーなどで別添えにしてもよいでしょう。

 

自宅でできるコーヒーアレンジレシピ②和風デザート風「黒ごまカフェオレ」

 

材料(1杯分)

  • コーヒー 65ml
  • 黒ゴマペースト 10g
  • 蜂蜜 10g
  • 牛乳または豆乳 65ml
  • お好みでホイップクリーム 20g

 

コーヒーは濃いめに抽出するか、深めに焙煎した豆を使うのがおすすめです。

 

作り方

①コーヒーを淹れる。

 

②カップの中で黒ゴマペースト(7g。残りは飾り用に残しておく)と蜂蜜をよく混ぜておく。

 

③牛乳を温める。

 

④①のペーストに温めた牛乳を少しずつ入れ、よく混ざったらコーヒーも注ぐ。

 

⑤ホイップクリームを盛り、黒ゴマペースト3gをかける(写真はペーストではなくすりごまを飾っています)。

 

▼編集部スタッフが飲んでみた!

カップに顔を近づけると、まずごまの香りがふんわりとやさしく香り、一口飲めばごまとミルクとの相性の良さにびっくりする、一杯。

 

食後のデザートにしてもいいかもしれません。

 

自宅でできるコーヒーアレンジレシピ③ほっとひと息つきたいときに「蜂蜜ジンジャーラテ」

 

材料(1杯分)

  • コーヒー 70ml
  • 牛乳 70ml
  • 蜂蜜 15g
  • すりおろしたしょうが、またはジンジャーパウダー 少々

 

コーヒーは濃いめに抽出するか、深めに焙煎した豆を使うのがおすすめです。

 

作り方

①コーヒーを淹れる。

 

②手鍋に牛乳、蜂蜜、すりおろしたしょうがまたはジンジャーパウダーを入れて火にかけ、溶けるまで泡立て器で混ぜる。

 

③①と②をカップに入れてよく混ぜたら、出来上がり。

 

▼編集部スタッフが飲んでみた!

最初に紹介した「蜂蜜しょうがコーヒー」のミルク入りバージョン。ミルクをふわっと泡立ててから盛り付けると、よりまろやかな口当たりになります。

 

ミルクフォーマーなどを使えば、ラテっぽさもアップ。ほっとひと息つきたいとき、心の底から体を温めてくれるような、やさしい味です。

 

ちなみに、生のしょうがが無ければ、チューブ入りのしょうがでも十分おいしく作れます。

 

自宅でできるコーヒーアレンジレシピ④優しい甘みが楽しめる「チョコカフェオレ」

 

材料(1杯分)

  • コーヒー 200cc
  • 温めた牛乳 150cc
  • 削りチョコ 少量

 

作り方

①ポットを2つ用意し、それぞれにコーヒー、ミルクを入れる。

 

②それぞれのポットを手に持ち、傾けてバランスよく半々に注ぎ込む。

 

③削りチョコをそっとふりかける。

 

▼編集部スタッフが飲んでみた!

コーヒーとチョコレートって相性抜群ですよね。コーヒーの苦味とチョコレートのほろ苦さと優しい甘みがマッチしてとても癒やされます。

ミルクを加えることでよりまろやかさが増し、コーヒーとチョコレートがよく馴染みますよ。

 

アレンジコーヒーにはチョコレートがぴったり

コーヒーのアレンジレシピとぜひ合わせてほしいのがチョコレートです。

 

コーヒーのほろ苦さとチョコの甘味を同時に楽しめるコーヒーチョコ菓子が、ほっこりした甘さのアレンジコーヒーにとてもよく合います。

 

コーヒーにあうチョコレートは、たとえばこんなラインナップ。

 

  • 神戸フランツ『珈琲アーモンドチョコレート』
  • SAZA COFFEE『コーヒー豆チョコ』
  • Butlers『アイリッシュコーヒートリュフチョコレート』
  • Omnom Chocolate『オムノムチョコレート コーヒー+ミルク』
  • ROYCE’『マシュマロチョコレート[ミルク珈琲]』
  • 【番外編】グリコ『神戸珈琲コロン』

 

こちらの記事では、コーヒーと合わせて食べたいおすすめのチョコレートをご紹介しています。気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。いつもの一杯が、より美味しく感じられるはずです。

 

コーヒー好きにおすすめ!絶妙なハーモニーを楽しめるコーヒーチョコ菓子6選

 

コーヒーと相性の良い食材は、まだまだたくさん

 

今回使った材料以外にも、マーマレードやコンデンスミルクチョコレートシロップなど、アレンジ用食材はたくさんあります。例えば、スパイス系の食材はミルクと一緒に合わせると、コーヒーとの相性がぐっと良くなります。

 

どんな食材がコーヒーと相性が良いのか、それを見つけることも、コーヒーを楽しむ一つの方法なのかもしれません。

 

まずは、コーヒーにはどのような種類があるのか、カフェメニューの種類から特徴を知るのもよいでしょう。

 

カフェや喫茶店で見かける定番メニューから、コーヒーならではのアレンジレシピもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

コーヒーの種類と特徴まとめ|カフェで自分好みのオーダーをするための豆知識

 

\ SNSでシェアしよう! /

 RANKING

人気記事

 CATEGORY

カテゴリー

 KEYWORD

キーワード
ページトップ