徳島県「ゆうたま」×「ゴールドスペシャル コーヒーバッグ 水出しアイス珈琲」コーヒーの、おいしい恋活 vol.6 | My COFFEE STYLE MAGAZINE

My Coffee Style MAGAZINE

徳島県「ゆうたま」×「ゴールドスペシャル コーヒーバッグ 水出しアイス珈琲」
コーヒーの、おいしい恋活 vol.6 

日本各地の銘菓や特産品をご紹介しながら、相性ぴったりのコーヒーをご提案する「コーヒーの、おいしい恋活」。vol.6は徳島県へ。カラフルで涼やかなマリアージュが夏を彩ります。

徳島県から送る、宝石のような『ゆうたま』(菓游 茜庵)

今回ご紹介するのは徳島県の銘菓。「菓游 茜庵」が創業時から大切に育て上げ、観光庁主催「世界にも通用する究極のお土産」にてシルバーメダルを受賞した『ゆうたま』です。
伝統的な錦玉をアレンジした美しいお菓子で、砂糖がまぶされたひと口大の丸い玉は、まるで宝石。シャリッとかじれば、ほのかな甘みと果物の風味がいっぱいに広がります。

「菓游 茜庵」は徳島駅の近く、徳島城跡の一帯を整備して作られた徳島中央公園の向かいにあります。創業は1980年(昭和55年)。老舗と呼ぶには新しいように思えますが、古くから伝わる文化をしなやかな感性で今に伝え続けているお店です。

風情ある数寄屋づくりの佇まい。屋号の「茜」は「日が昇る、朝焼け」、転じて「挑戦」の色から。ここには本格的なお茶室も。椅子席が用意されているので「足がしびれないかな」なんて心配しなくても大丈夫。誰もが気張らず和の文化に親しみ、ゆるりと遊ぶような心で楽しめるように。そんな気づかいもまた、茜庵が愛されている所以なのでしょう。

四国の大自然が育んだ五つのおいしさ

四国の魅力を語るのに欠かせないのは、温暖な気候に育まれた果物です。「『ゆうたま』を生み出すことは、足元にある素材の素晴らしさを、もう一度見つめ直す旅でもありました」という言葉どおり、『ゆうたま』には、徳島はもちろん、四国全土から選び抜かれた果実のおいしさがぎっしり。

柚子 : 霧深い北川村で育った柚子の、爽やかで豊かな香り。
すだち : 日本初の有機栽培農園で収穫されたすだちの、すっきりと上品な後味。
山桃 : 生命力に満ちた緋色の山桃の、奥行きある甘み。
美郷梅 : 蛍舞う山里でのんびり育った美郷梅の、芳醇な余韻。
ゆこう : 幻の果実と言われる希少な柑橘類ゆこうの、繊細で深みのある風味。

この五つは、日本の「五節句」を表しているそうです。

和菓子伝統の技法で、弾むような食感を

『ゆうたま』の由来は、「柚子の玉」「遊ぶ玉」だそう。そんな名前にぴったりの、柔らかく弾むような食感を実現するのは、日本に昔からある「錦玉」の製法。錦玉とは、寒天を溶かし、砂糖を加え、冷やし固めた和菓子です。材料となる寒天は、海藻を煮詰めて精製、乾燥させることで作られ、江戸時代に、旅館「美濃屋」の主人が偶然発見したと言われています。低カロリーで身体に優しい素材からできているのは安心ですね! 動物由来ではないため、宗教などにかかわらず食べることができ、海外へのお土産としても人気があるとか。

日常から、茶道の席まで

淡い色合い、光を通してキラキラ輝く透明感、宝石のような質感。古典的な和の世界からポップな空間まで、また日々の普段使いから少しあらたまった茶道の席まで、あらゆる場に似合ってしまうのも、『ゆうたま』の不思議な魅力です。器選びも楽しくなりますね。まんまるに見えて、実は1ヶ所だけ少し平らになっており、転がらずに落ち着いてくれるのもうれしい配慮です。三角形の個包装、五節句をモチーフにしたカラフルなパッケージも遊び心を感じる可愛らしさ。お茶席のお菓子や特別な手土産として親しまれているのも頷けます。

【コーヒーマリアージュ】『ゆうたま』には、まろやかで優しいアイスコーヒーを

ここからは、UCCのR&Dセンターで味わいに関するデータ分析の担当者が解説します!

それではコーヒーマリアージュ、してみましょう!
『ゆうたま』は寒天で作られた、繊細な食感も楽しめるゼリーです。口にするとほのかな甘みとやわらかな口どけを感じた後に、それぞれの果実のみずみずしい風味が口の中に広がり、安らかな余韻が続きます。

このようなお菓子にマッチするのは、冷たい水でじっくり抽出した、水出しコーヒーです。熱湯で抽出したコーヒーとは異なり、水出しのコーヒーは時間をかけて抽出することで苦味や酸味のカドが取れ、まろやかで優しい、奥行きを持った味わいになります。『ゆうたま』の持つ食感や果実の風味を壊すことなく包みこみ、より長く深い余韻が楽しめるでしょう。
5色いずれの味にもマッチしますが、ひとつひとつの風味の違いが、コーヒーの異なる表情を引き出してくれるので、多彩なマリアージュが楽しめますよ。透明感のある『ゆうたま』とアイスコーヒーは、見た目も涼しげな組み合わせになり、暑い夏の季節にぴったりではないでしょうか。

『ゆうたま』のベストパートナーは『ゴールドスペシャル
コーヒーバッグ 水出しアイス珈琲

『ゆうたま』とのマリアージュを叶える、まろやかで奥行きがあるアイスコーヒーといえば、『ゴールドスペシャル コーヒーバッグ 水出しアイス珈琲【夏季限定】』。

『ゴールドスペシャル』シリーズの、焙煎やブレンドへの​こだわりが詰まった本格アイスコーヒーです。​雑味が少なく、芳醇な香りとやわらかなコクが特長。​しかも水出しなので、作り方はとても簡単。麦茶のように、パックを定量の水に入れて冷やしておけばできあがり。
『ゆうたま』とともに、夏のコーヒータイムを爽やかに演出してくれるでしょう。

ゴールドスペシャル ブランドサイトはこちら
UCC公式オンラインストアでのご購入はこちら

日本の美しさ、再発見。味わいたいマリアージュ

徳島、と聞いてみなさんは何を浮かべるでしょうか。世界三大潮流の一つ「鳴門の渦潮」、西日本で2番目の高さを誇る「剣山」、2億年の時を重ねた渓谷「大歩危・小歩危(おおぼけこぼけ)」そこに流れる「吉野川」…。徳島は昔から大自然と人間が共存してきた地。人は数々の行事を通して、うつろいゆく四季との繋がりを感じてきました。約400年の歴史を誇る「阿波踊り」も、ときに豪快に、ときにたおやかに、生命のエネルギーをみなぎらせて、真夏のひとときをわかちあいます。

そんな街に佇む茜庵は、お菓子をとりまく自然や日本の伝統文化を伝えることも、とても大切にしています。茶室をしつらえ、お菓子に季節を映しとり、ホームページでは、行事やしきたりのこと、花や器のこと、茶室のこと、徳島の自然に関することなどを、やさしく丁寧に紹介しています。

『ゆうたま』もまた、大自然の恵みと和の伝統がきゅっと詰まった一品。徳島に心を遊ばせ、果物の木が風に揺れる様子など想像しながら、冷やしたコーヒーと一緒に味わってみましょう。浴衣など着てみるのも素敵ですね。「日本の夏っていいな」きっとそんな時間をくれるマリアージュです。

ご紹介した徳島県の銘品「ゆうたま」は、以下でお買い求めいただけます。
菓游茜庵 オンラインショップ 

半澤 拓
2011年入社。UCCの研究施設イノベーションセンターにて研究開発業務に携わる。
2016年にコーヒーと食べ物の食べ合わせを分析する「フードマッチングシステム」を開発。コーヒーの味や香り、食べ合わせに関する研究報告やセミナーなど多方面で活躍。

▼コーヒーマリアージュについての記事はこちら