ひと息つかない?北欧のコーヒー時間「フィーカ」

そのゆったりとしたライフスタイルに憧れ、インテリアや雑貨にいたるまで人気が高まり続けている北欧文化。今回はスウェーデンの伝統的な生活習慣「フィーカ(fika)」について。

北欧の人はコーヒー好き

近年の統計では、「EU」としてひとくくりになっているのですが、国別のコーヒー消費量や、ひとりあたりの年間コーヒー飲用杯数などの統計データを見ると、北欧の国々は、常に上位にずらりとランクインします。

寒い時期が長く続く国で、温かい飲み物が好まれるのは至極当然かもしれませんが、特にスウェーデンでは、日中忙しくても手をとめ、甘いものと一緒にコーヒーを飲みながら休憩する習慣「フィーカ」があることも大きく影響していそうです。

いまこそ取り入れたい「フィーカ」

「フィーカ」は家庭やカフェだけでなく、職場でも日常的に行われるのだそう。

つまり「フィーカしない?」は、日本なら「ひと息ついてコーヒーでも飲まない?」という意味ですが、「お茶しない?」「カフェでも行かない?」「ちょっと休憩しない?」…そんなニュアンスが「フィーカ」という単語となって存在することに、コミュニケーションを大切にするお国柄が伝わってきます。

糖分やカフェインを摂取しながらひと息つく…が習慣化されることで、気分もリフレッシュされ、仕事の効率も高めてくれそうですよね。

リモートワークや、外出自粛など、家にいる時間が長く続く今こそ、心と体が凝り固まってしまわないように、あなたもフィーカを実践してみては?

笑顔を誘う一杯と

オンラインショップでは、スウェーデンのお隣、フィンランド生まれの人気キャラクター「ムーミン」のCAFE@HOMEシリーズも大好評発売中!

眺めているだけで自然と笑顔になってしまう、癒されフォルムのキャラクターたちと一緒に、フィーカしませんか?

⇒ コラボシリーズのご紹介

© Moomin Characters ™

ページトップ