How to

誰でもできる美味しいカフェオレの作り方|豆乳を使ったアレンジレシピもご紹介!

2019.01.07
「コーヒーは、ちょっと苦手。でも、ミルク入りなら飲めるし、好き」という方もいるでしょう。そんなミルク入りアレンジコーヒーの代表格が、フランス生まれのカフェ・オ・レです。

今回はカフェ・オ・レの基本の作り方と、「ミルク」を変えるだけでびっくりするほど印象が変わる、“カフェ・オ・レのミルクバリエーション”をご紹介。牛乳嫌いの方でも楽しめるカフェ・オ・レが、実は、いろいろあるんです。


そもそも「カフェ・オ・レ」とは?——基本的な作り方

 

「カフェ・オ・レ」の語源は、フランス語の「café au lait」です。cafeはコーヒー、laitがミルク、つまり「ミルク入りコーヒー」の意味で、「深めに焙煎したドリップコーヒー」と「温めたミルク」を同量程度合わせたものが、カフェ・オ・レとされています。

 

他によく聞くミルクを加えたコーヒーメニューとしては、「カフェ・ラテ」もありますが、こちらはイタリア語の「ミルク入りコーヒー」を指す「Caffè Latte」が語源。専用マシンで圧力をかけて淹れるイタリアの一般的なコーヒー「エスプレッソ」と、蒸気で温めたミルク「スチームドミルク」の組み合わせで作るカフェ・ラテは、カフェ・オ・レと比べると、ミルクの割合が多めです。

 

とはいえ、フランスではエスプレッソマシンを使って淹れたコーヒーでカフェ・オ・レを提供している店も多くあります。コーヒーの飲み方・淹れ方は今なお進化し続けているので、そのうち、カフェ・オ・レ以上に市民権を得る飲み方が登場する可能性もあるかもしれません。

 

 

 

おいしさのコツは、ミルクの風味と釣り合う「しっかり味のコーヒー」を作ること

 

半分がミルクが占めるカフェ・オ・レでは、ミルク感が勝ってしまうこともあります。カフェ・オ・レの醍醐味である「コーヒーとミルクのバランスの良さを楽しむ」ためにも、焙煎度でいえばシティロースト以上の深炒りのコーヒーを使い、「そのまま飲むには、ちょっと濃いかも……」くらいになるよう、抽出してみてください。

 

淹れ方は、ペーパードリップやコーヒーメーカーなどがありますが、カフェ・オ・レ好きな方におすすめしたいのは、フレンチプレスです。プレスのフィルターが金属製なので、ペーパードリップの紙フィルターと比べると、コーヒーの持つ油分(アロマオイル)を適度に液体側に残すことができ、ミルクとより相性の良いコーヒーを淹れることができます。

 

 

材料(1杯分) …フレンチプレスで作る場合

  • シティロースト以上の深炒りのコーヒー 12g
  • お湯 140ml
  • 牛乳 120ml

※それぞれお好みと使うカップで加減してください。
※出来上がりの量として、およそ240~250mlを想定したレシピです。

 

 

1. 濃いめのコーヒーを作る

フレンチプレスに分量のコーヒーの粉を入れ、お湯を注いで約4分ほどそのまま置き、しっかり味の濃いめのコーヒーを抽出します。

前述の通り、焙煎度が深めのタイプのコーヒーを使うのが理想ですが、もし手に入らなくても、濃く淹れる方法があります。ポイントは、次の3つです。

 

①使うコーヒーの量を増やす

 

通常の1杯分の約1.5倍の量(15~20g程度)を使い、注ぐお湯の量は変えないことで、濃いめの味に仕上がります。使う量はコーヒーによって加減してみてください。

 

②抽出にかける時間を長くする

 

フレンチプレスであれば抽出する時間を、ペーパードリップならお湯の注ぎ方を、ややゆっくりにしてみましょう。ただ、どちらもゆっくりし過ぎると冷めたり雑味が出たりするので、フレンチプレスならプラス30秒、もしくは「気持ち」くらいで大丈夫です。

 

③豆から挽く場合は、いつもより少し細かく挽く

 

通常、挽き目は使う器具によって決めますが、いつもよりやや細かめに挽くことで抽出効率が上がり、濃いめの味になります。極端に細かく挽くと雑味が出るので、注意しましょう。

 

 


 

2.牛乳を温める

コーヒーを抽出している間に、牛乳を、ミルクパンのような小鍋を使って沸騰しないように注意しながら、温めます。“ふつふつ”と泡が出てきたら全体を混ぜ、温度を均一にしましょう。大体、そのタイミングが、甘さがより感じられる60℃前後です。

 

注)電子レンジを使う場合は、温め過ぎに注意しましょう。

 

 

 

3. コーヒーと温めた牛乳を合わせて、できあがり

カップの中で、コーヒーと温めた牛乳を合わせます。牛乳が熱々ではないので、すぐに冷めてしまわないよう、カップをあらかじめ温めておくことが、ポイントです。

 

昔ながらの喫茶店などでは、コーヒーポットとミルクポットを両手に持って、高い位置から一緒に注ぐ見事なパフォーマンスで提供してくれるお店もあります。素人が簡単に真似できる淹れ方ではありませんが、深いコーヒー色にホワイトの液体がふわっと混ざっていく様子は美しいもの。お客さまに淹れるときあ、目の前で合わせると喜ばれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

「植物性ミルク」で広がる、カフェ・オ・レ・バリエーション

最近、大豆、お米、アーモンドやココナッツなどを原料としたミルク風の飲料が増えています。

 

 

 

これらの飲料はスーパーでも手に入りやすいので、たまには牛乳以外のミルクを使って、個性派カフェ・オ・レの新しい味を楽しんでみてはいかがでしょうか? 見た目はそう変わりませんが、味はびっくりするほど違います。「もしかしたら、牛乳より好きかも?」といった新たなカフェ・オ・レとの出会いがあるかもしれません。

 

「植物性ミルク」のカフェ・オ・レの作り方は、基本のカフェ・オ・レと同じです。好みに合わせてコーヒーとの割合を変えながら、その味を楽しんでください。

 

 

 

● 豆乳でカフェ・オ・レ

「植物性ミルク」の中で知名度ナンバー1の豆乳は、凝固剤を加えて豆腐になる前の液体のこと。ちなみに、味付けもしないそのままの状態のものが「無調整豆乳」、塩・砂糖を加えて飲みやすくしたものが「調整豆乳」です。

 

編集部スタッフが飲んでみた!

無調整豆乳と使ってみましたが、“さらっ”としていながらもまろやかなコクがあり、日常的に豆乳を飲んでいる方であれば、全く違和感なく、飲めそうです。美容面や健康面を意識している人におすすめの一杯といえるでしょう。

 

 

 

● アーモンドミルクでカフェ・オ・レ

「天然のサプリメント」と称される、アーモンド。アーモンドミルクの製造方法はメーカーごとに異なりますが、主に、水に浸したアーモンドを細かく砕いた後に濾(こ)すなどして、作られます。

 

▼編集部スタッフが飲んでみた!

一番の特徴は、何といっても、風味豊かな香り。コーヒーの香ばしさをぐっと引き出すような印象は、牛乳を使ったカフェ・オ・レにはない魅力です。なぜかチョコレートが欲しくなるのは、アーモンドチョコに馴染み過ぎているせい?

 

 

 

● ライスミルクでカフェ・オ・レ

一般的に、玄米や白米に水を加えて作られる、ライスミルク。各メーカーで素材や製造方法は異なるようですが、コメ特有のほのかな甘みが感じられ、クセもほとんどありません。

 

▼編集部スタッフが飲んでみた!

使ったライスミルクがやや“さらっ”としたタイプだったこともあり、今回紹介した植物性ミルクのカフェ・オ・レのバリエーションの中で一番飲みやすいと言っていいくらい、マイルドでした。動物性たんぱく質のまったり感が苦手という人でも、「爽やかな甘みのカフェ・オ・レ」として、楽しめそうです。

 

 

 

あなただけのカフェ・オ・レを見つけて

コーヒーのアレンジメニューの初級編ともいえる、カフェ・オ・レ。まずは、ミルクに負けない、しっかり味のコーヒーを作ることがポイントですが、そこから先は、好みに合わせてコーヒーとミルクの割合を変えてみたり、ミルクそのものを変えてみたり、甘みを加えたり……と、いろいろなアレンジが可能です。たくさんの味をプロデュースして、あなただけのカフェ・オ・レを見つけてみてください。

 

 

ちなみに、カフェ・オ・レにハマったら、飲むときに自然と両手でカップを包み込む「カフェ・オ・レボウル」と呼ばれる取っ手のないお椀型のカップを揃えることを、おすすめします。

 

くつろぎ感たっぷりのカフェ・オ・レボウルは、癒やしのひとときを演出してくれる、いい相棒になってくれることでしょう。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

こちらの記事もオススメ

     RANKING

    人気記事

     CATEGORY

    カテゴリー

     KEYWORD

    キーワード
    ページトップ