MAGAZINEのトップへ戻る

ミル付きコーヒーメーカーの選び方|種類別の特徴とおすすめ・おしゃれな機種を紹介

2019.07.31
自宅でコーヒーを淹れて楽しむ方は多いですが、その楽しみ方は人それぞれです。
「コーヒーを時短で淹れたい」「いろいろな種類を楽しみたい」など、ライフスタイルによって求めることも変わります。

そんな中「淹れたてのおいしいコーヒーが飲みたい」と考える方もいるのではないでしょうか?
それを叶えるのが、自宅でおいしく、手軽に挽きたてのコーヒーを淹れられる「ミル付きコーヒーメーカー」の存在です。

今回は、ミル付きコーヒーメーカーの特徴や機能、お気に入りを見つけるための選び方をご紹介します。

おすすめの機種もご紹介していますので、初心者からこだわり派の方まで、ぜひ自分に合ったコーヒーメーカー選びの参考にしてみてください。

ミル付きコーヒーメーカーの最大の特徴は「挽きたての豆の香りを楽しめる」こと

「ミル付きのコーヒーメーカー」とは、豆を挽くところからコーヒーを抽出してくれるコーヒーメーカーを指します。
粉になったものではなく、豆の状態から使用するため、喫茶店で味わうような挽きたてのコーヒーを自宅でも楽しむことができます。

まずは、簡単に挽きたてのコーヒーを楽しめるミル付きコーヒーメーカーのおすすめポイントをご紹介していきます!

挽きたての豆でコーヒーを味わえる

ミル付きコーヒーメーカーの一番の特徴は、挽きたての豆でコーヒーが飲めることです。

コーヒーは、やはり鮮度が命。コーヒー豆とコーヒー粉では、実は劣化速度が異なり、酸素に触れる表面積が少ない「豆」の方が、より鮮度を保つことができます。つまり、豆を用いるミル付きコーヒーメーカーであれば、より鮮度の高い味わいを楽しむことができます。

ただし、豆を挽く時は、まとめて挽いてしまうのではなく、飲む分だけ挽くようにしましょう。残った豆は適切な保存方法を心がけてください。

簡単に豆が挽ける

コーヒー豆を挽くには、手動で挽くミルもありますが、手が疲れてしまったりと、労力も多いです。全自動のミル付きのコーヒーメーカーであれば、機械が挽いてくれるという「簡単さ、手軽さ」が大きな魅力です。

また、手動のミルと比べて一度にたくさんの豆を挽くことができます。家族みんなでコーヒーを飲みたい方や、時間がない朝でも本格コーヒーを飲みたいという方にもおすすめです。

豆を挽く瞬間の”香り”も楽しめる

コーヒーの楽しみ方の一つに「香り」があります。実は、コーヒーの香りがもっとも発生するのは豆を挽いた瞬間です。コーヒーメーカーで豆を挽いている間、豊かな香りが漂ってくるので、そんなひとときも楽しむことができます。

ミル付きコーヒーメーカーの種類と特徴

ミル付きコーヒーメーカーには「全自動式」と「半自動式」の2種類があります。
それぞれの機種の特徴を見てみましょう。

①全自動式:豆の粉砕から抽出までお手軽に行える

全自動式は、コーヒーを豆の状態からセットして使用するタイプです。豆をセットし、挽き目(挽き具合)を設定すれば、豆を挽くところからコーヒーの抽出まで、すべて自動で行ってくれます。

なにより手間が少なく、手軽に挽きたての美味しいコーヒーを楽しめるのが最大の特徴で、手軽さとおいしさの両方を求める方におすすめです。

コーヒーメーカーごとにセットできる豆の容量が異なるため、一度に淹れたいコーヒーの量に応じて、適切なサイズの機種を選びましょう。

②半自動式:少々手間はかかるがリーズナブルに購入できる

半自動式は、紙フィルターにコーヒー粉をセットして使用するタイプです。

コーヒーミルなどを用いて自分で豆を挽く手間がかかりますが、全自動式に比べると比較的コンパクトで、手に入れやすい価格帯が多いという長所もあります。

大容量に対応しているものも多いため、手間がかかってもリーズナブルなものを求める方や、普段淹れるコーヒーの量が多いという方におすすめです。

一人暮らし・ご家族など「生活スタイル」に合ったコーヒーメーカーの選び方とは

せっかくコーヒーメーカーを購入するのであれば、自分の生活スタイルに合ったコーヒーメーカーがほしいものです。
そのためには、ご自身のライフスタイルやこだわりたいこと、そして性格に合ったものを探すといいでしょう。

ミル付きコーヒーメーカーを選ぶポイントを3つ挙げてみました。ご自身がどれに当てはまるか考えながら、選ぶ際の参考にしてみてください。

1. 豆の挽き方を選べるタイプがおすすめ

まず、最初に挙げたいポイントは「豆の挽き方(挽き具合)を選べること」です。

コーヒーとひと口にいっても、豆の挽き方はさまざまです。挽き方が細かくなればなるほど苦味が強くなり、粗くなればなるほど酸味が増す傾向にあります。

ミル付きのコーヒーメーカーには、例えば、数段階で挽き目を調整できるものや、前述したように自動的に挽いてくれるもの、自分で挽いた豆をセットするものと、挽き方を1つとってもさまざまな種類があります。

コーヒーの味を挽き目を変えることで、自分好みの味にチューンナップしながら楽しみたいという方は、細挽きから粗挽きまで選べるものがいいでしょう。

コーヒー豆の挽き目については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

コーヒー豆の挽き方|5種類の挽き目と正しい挽き方を解説

2. 手軽さを求めるなら「全自動タイプ」を選ぼう

「毎日美味しいコーヒーを飲みたいけど、少し面倒」という方は、全自動タイプのコーヒーメーカーがオススメです。コーヒー豆をセットするだけで、豆挽き・蒸らし・抽出まですべて行ってくれます

なかには、使用後に自動で洗浄してくれるもの、自動で豆を計量してくれるものなど、高度な性能が備わったものも数多くあります。

全自動タイプのコーヒーメーカーは、「家族が多いので新しく何杯も入れるのが面倒…」という、まとめて淹れたいご家族にもオススメです。

3. プラスアルファの機能にも注目

「お手入れが少々面倒だけど、おいしいコーヒーを飲みたい」という方は、プラスアルファの機能に着目してみてください。

コーヒータイムをゆっくり取りやすい一人暮らしの方も、プラスアルファの機能性が高いものを選ぶと、より一層コーヒーを楽しめるのではないでしょうか?

豆からコーヒーを淹れてくれるだけではない、ミル付きコーヒーメーカーの機能をご紹介します。

保温性がある

「家族が起きる時間がバラバラ」「家にいながらコーヒーを少しずつ飲みたい」という方は、保温性に優れたものを選びましょう。特に、サーバーがステンレス製のコーヒーメーカーは冷めにくく、保温されている間も熱による風味の変化が少ないため、おすすめです。

給水タンクの着脱が可能

給水タンクは、着脱式なら洗う時に手間がかからず、お手入れがしやすいです。すぐに洗うことができるため、衛生的にもいいですね。着脱式であればお手入れだけでなく、給水も楽に行えます。

ミル部分の自動洗浄機能が付いている

コーヒーメーカーを手入れする際は、給水タンクやサーバーの水洗いはもちろんのこと、コーヒー豆のカスが残りやすいミル部分の掃除が大切です。取り外して水洗いができるものや、自動洗浄機能が備わっているタイプがあります。

自動洗浄機能が付いていればカスを捨てるだけで済むものもあります。毎回の掃除が面倒だと感じる方は、購入時に機能面を確認してみましょう。

タイマー機能が付いている

朝、コーヒーの香りで目覚める。そんな時間の過ごし方ができたら幸せですよね。タイマー付きのコーヒーメーカーであれば、起きる時間に合わせてコーヒーを淹れられます。
前日のうちに準備をしておけば、忙しい朝でも美味しいコーヒーで一息つけて、気持ちよく一日をスタートできそうですね。

人気のミル付きコーヒーメーカー3選

ここまで、ミル付きコーヒーメーカーの特徴や、機種の選び方をご紹介してきました。
では、実際にはどのような機種が人気を集めているのでしょうか?

ここではおすすめのミル付きコーヒーメーカーを3つご紹介します。ぜひコーヒーメーカー選びの参考にしてみてください。

1. 象印マホービン「コーヒーメーカー『珈琲通』EC-CB40」

ミルが独立している、半自動式のミル付きコーヒーメーカーです。リーズナブルな価格なので、初心者にもおすすめです。

豆の挽き方は、挽く時間を加減することで調整可能。豆を挽き終えたら、粉をドリップユニットに移してコーヒーを抽出します。

ミルや給水タンクは取り外して洗えるので、お手入れカンタン。浄水機能も付いており、おいしいコーヒーを手軽に味わえます。杯数は1~4杯。価格は8,500円(税別)。

【特徴】

  • ミルが独立した半自動式
  • リーズナブルな価格で初心者におすすめ
  • ミル・給水タンクは取り外して洗浄可能

商品ページ:コーヒーメーカー 「珈琲通」 EC-CB40(象印マホービン)

2. パナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56」

※NC-A57にリニューアルしたため、内容を要差し替え

ミルの自動洗浄機能を搭載した、パナソニックの全自動式メーカー。メッシュフィルターを付け替えることで、「粗挽き」「中細挽き」の2パターンに挽き分け可能です。

お湯を沸騰させて活性炭フィルターに通し、カルキを90%以上除去する浄水機能もあります。また、マイコン制御により「リッチ」「マイルド」のいずれかの味わいを選択できます。

杯数は1~5杯。実勢価格は17,000~20,000円(税抜)程度。

【特徴】

  • ミルの自動洗浄機能付きの全自動式
  • フィルター付け替えで2パターンに挽き分け可能
  • カルキを90%以上除去する浄水機能

商品ページ:沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56(パナソニック)

3. コーン式全自動コーヒーメーカー(UCC限定仕様)(siroca)

豆の香りを損なわない「コーン式」のミルを搭載した全自動コーヒーメーカーです。

細挽きから粗挽きまで無段階に挽き方を調整可能。また、ボタン一つで、コクと苦味豊かな「リッチ」と、クリアな味わいの「マイルド」の2つのテイストを楽しめるのが特徴です。

冷めにくい真空二重ステンレスサーバーを採用。タイマー機能など便利な機能も充実しています。

杯数は1~4杯。価格は24,000円(税別)。月額2,580円(税別)〜でレンタルも可能です。

【特徴】

  • 無段階で挽き方を調整できる全自動式
  • 香りを損なわないコーン式ミルを採用
  • 真空サーバーやタイマーなど豊富な機能

商品ページ:コーン式全自動コーヒーメーカー(UCC×siroca)

ミル付きコーヒーメーカーで自分流のこだわりコーヒーを楽しもう

コーヒーは「毎日飲む」「お休みの日に自分だけの時間を楽しむ」など、人によって楽しみ方が違いますし、それゆえにこだわるポイントも人それぞれです。

「ミル付きコーヒーメーカー」と言っても、さまざまなタイプがありますので、自分流のコーヒータイムを過ごすために、相性の良いコーヒーメーカーを見つけてくださいね。

ミル付きコーヒーメーカーの使い勝手はこちらの記事をチェックしてみてください。

お手軽便利なシロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー」を使ってみた

\ SNSでシェアしよう! /

 HISTORY

閲覧履歴
ページトップ