『ハルのコーヒー』Vol.1はじめの一歩。ハル、コーヒー豆を買いにいく! | My COFFEE STYLE MAGAZINE | COFFEE STYLE UCC

『ハルのコーヒー』Vol.1
はじめの一歩。ハル、コーヒー豆を買いにいく!

実家を出てひとり暮らしをはじめたコーヒー初心者の「ハル」。おいしいコーヒーを淹れられるようになる!を目標に、回り道しながらも日々奮闘しています。コーヒーのスペシャリスト、「天の声」に見守られながら歩むハルのコーヒー道。はじまりはじまり。

コーヒー豆の並ぶお店、めっちゃ気になります

みなさんこんにちは、ハルです!
社会人2年目、上京してひとり暮らしをしています。
優雅においしいコーヒーを楽しむ生活に憧れる…けど、コーヒーのことは右も左も分からない「コーヒー初心者」です。

実家にいるころは、お母さんがよくコーヒーを淹れてくれていたので、コーヒーを飲む習慣はあるのですが、ひとり暮らしをしてからはもっぱら手軽なあの溶けるやつ…インスタントコーヒーばかりになってしまって。
もちろんこれでもおいしいのだけど、たまには溶けないコーヒー…丁寧に淹れたコーヒーが飲みたいっって思います。オトナなんだし。

で、 「たまには丁寧に淹れたコーヒーを飲む」なら、ずっとやってみたいと思っていたのが「豆を選んで買う」ということ、でした。
コーヒー豆がカウンターにずら〜っと並んでいるお店、あるじゃないですか。
あれを買ってみたい!ああいう店の客になりたい!
…これくださいって豆を指差せばいいのかな、オススメありますとか質問していいのかな?ってドキドキ、敷居はめっちゃ高いけど、やってみなくちゃ始まらない。習うより慣れろ(って母も言ってた)。
ということで、溶けないコーヒー、買いにいきます〜。

「挽き方はどうしますか?」で凍る

ずらーっと並んだコーヒー豆に圧倒されます。きっとひとつひとつ味が違うんですよね?どう違うんだろう。コーヒーの味の違いなんてそんなに意識したことなかったし、う〜ん、どれを選べば良いのか。いや、違いなんて見てわかるわけないし、聞くしかないですよね…。

ハル「すみません、おすすめのコーヒーってありますか?」
店員さん「いらっしゃいませ。そうですね。こちらはいかがですか?ブレンドではなく単一農園の豆になりますがミルクと飲んでも、冷えてもおいしくいただける、バランスのとれた豆です。」

単一農園?本当だ、農園の名前が書いてある!ブラジル産ってことですよね。いろいろな飲み方でおいしいのは嬉しいな。

「味わいはナッツのような香ばしさがありながら、マイルドな苦味なので、初めての方でも飲みやすいお味だと思いますよ。」

ナッツ?コーヒーなのにナッツ?…よくわからないけど!それ、それにしますっ!習うより慣れろ(2回目)。まずは飲んでみないとわからないもの。

100g594円、お財布を出して…とその時

「挽き方はどうされますか?」

え?あ、はい?挽き方?
「挽き方、選べますけどどうします?」
え?えっと「ふ、ふつうでおねがいします…!」
「そうしましたら、紙のドリップ用で挽いておきますね(笑顔) 」

ちょ、ふつう、ふつうってなに(自分)。ドリップ用って言えばよかったの?って他に何があるの〜コーヒーってぜんぶドリップするものじゃないの。ちがうの。もう凍る。心臓にくる。

「使わない時は、しっかり密閉して冷蔵庫で保管してくださいね」
と説明されながら、袋を受け取りました。

溶けないコーヒーって、どうやるんだっけ

買っちゃった、買っちゃいました。
パッケージも断然かっこいい、溶けないコーヒー買っちゃった!
オトナ感、ぱない!テンションあがります〜〜
で、家で飲もうとしたのですけど、あれ?これお湯に溶けないやつだよね…つまり、ドリップ。えと、ドリップってお湯に浸せばいいんだっけ。あれ?
…どうやって飲むんでしたっけ。

ハルさんこんにちは。天の声です(笑)

ハルさん、おつかれさまでした。
はじめてのコーヒー豆、ちゃんと買えましたね。挽き方も聞かれてびっくりしたと思うけれど、大丈夫ですよ、それでOKです。紙フィルターでのドリップ用って今度は言えるといいですね。
あ、申し遅れました。
わたしは天の声。コーヒーの淹れ方に迷えるハルさんの声を聞いてやって来ました。奥深いドリップコーヒーの世界へ第一歩を歩み出したハルさんのコーヒー道を、一緒に導いていきたいと思っています。

ドリッパーとフィルターを買いましょう

さてさて、お気づきの通りコーヒーを淹れるには器具が必要です。
最初に用意してもらいたいのはドリッパーとフィルター。ドリッパーにはいろいろな種類がありますが、まずは微粉末がたまらないペーパードリップができるような、ドリッパーを用意してください。
ということで、次回までのミッションはこちら。

えっ!て、天から声が……!!
はじめまして、よろしくおねがいしますっ。
確かに、器具ですよね、器具必要ですよね。ドリッパーと紙フィルターですね。ドリッパーってあの下向きの三角の形のやつ、ですよね。そういえばこないだすごい可愛いの見かけたんです。せっかく勇気を出して買ったコーヒーが飲めないんじゃ本末転倒。
すぐに買いにいきます〜。


次回のハルのコーヒーは「初めてのコーヒードリッパー」。ドリッパーと紙フィルターを買ったハルは、見よう見まねで初めてのコーヒードリップにチャレンジ。おいしいコーヒーは淹れられたのでしょうか。またドリッパーってどんな種類があって、初心者はどんなドリッパーを選ぶのがよいのでしょう?などなど。
どうぞ次回もお楽しみに!

撮影協力:COFFEE STYLE UCC 横浜店

今回の天の声

UCCコーヒー博物館 学芸員
コーヒー鑑定士
香月麻里

96年にUCCコーヒー博物館・学芸員職に就く。98年日本人女性3人目のコーヒー鑑定士(クラシフィカドール)となる。2007年からUCCコーヒーアカデミー専任講師としてコーヒー作法~フードペアリングの授業を担当。