Product

コーヒー豆の保存容器|豆の鮮度を保つために知っておきたい保存方法と注意点

2019.04.01
コーヒーを最後までおいしく飲みきるためには、コーヒー豆の「鮮度を保つこと」が大切です。できるかぎり鮮度を保ちたいなら、保存方法だけでなく、保存容器にもこだわってみましょう。
今回は、コーヒー豆の保存容器を選ぶ際のポイントを解説します。

コーヒー豆の鮮度に影響する要因を知っておこう

コーヒー豆は、「紫外線を浴びる」「酸素に触れる」「高温・多湿」によって鮮度を落とします。鮮度を保つためには、高温多湿を避けた日の当らない場所で、できるだけ空気の入らない容器を使って保存することが大切です。

ただ、しっかり密閉できる容器に入れていても、パッケージを開封した時点で空気や湿気が入り込みます。容器を開け閉めするたびに劣化や酸化が進むので、開封後は早めに飲みきるのがおすすめです。

また、未開封であっても温度差が激しい場所や直射日光が当たる場所は避け、冷暗所で保存しましょう。

鮮度をより保つために、粉ではなく「豆」のまま保存する

コーヒー豆を保存する場合は「豆」のままか、挽いて「粉」になった状態か、いずれかで保存するわけですが、保存条件が同じなら、鮮度がより保てるのは「豆」の状態です。

「粉」は「豆」をミルで細かく挽くした状態のこと。つまり「豆」の時よりも空気に触れる表面積が増えているため、酸化のスピードも早くなります。コーヒーを開封した後は、粉の状態なら7〜10日、豆のままでも30日程度で飲みきるよう、心がけてください。

常温・冷蔵・冷凍それぞれの保存方法のコツ

コーヒー豆を「常温」「冷蔵」「冷凍」で保存する場合、それぞれ気をつけるべきポイントがあります。

未開封の状態で、数日で飲み切れる量の場合は常温保存でも大丈夫です。風通しが良く15℃以下の場所で保存するのがおすすめです。

冷蔵庫で保存する場合、コーヒーが食品のにおいを吸ってしまうため、必ず密閉容器や袋に入れましょう。また、冷蔵庫の中でも開け閉めが頻繁ではない場所に保存するのがベストです。

すぐに飲まない場合は冷凍保存がおすすめですが、冷凍庫は内と外の温度差が大きいため、水滴もつきやすくなります。コーヒーは湿気を苦手とするため、なるべく出し入れはせず、1度に使う分ずつ小分けにして保存し、使う分だけ取り出すようにするとよいですね。

コーヒー豆の正しい保存方法と保存場所|酸化させず香りや風味をキープしよう

保存容器選びのポイントは密閉性と遮光性

コーヒーのおいしさと直結する鮮度を守るためにも、密閉できるかという点にこだわって選ぶのがよいでしょう。密閉できる容器であれば、冷蔵庫の中でキムチや納豆など、他の食品の匂いが移るのも防いでくれます。

コーヒーの保存容器には、陶器、缶、ガラス瓶など、いろいろな形や素材のものがありますが、選ぶポイントとして、写真のようにゴムパッキンがついているなど、「密閉性が高いかどうか」をチェックしましょう。また、紫外線もコーヒー豆の鮮度を落とす要因になるので、透明なガラスのものよりも日光を通さないものがベターです。

缶で保管する場合は、お茶筒のように内蓋がついていてぴったり閉まる、二重構造のものを選びましょう。

コーヒーキャニスターの選び方|機能や特徴、豆を新鮮に保存するコツまで

保存するときの注意点&NGなこと

コーヒー豆を出して直接キャニスターに入れて・・・というのは、保存方法としておすすめしません。

前述のように、外気にさらす保存方法は鮮度を落とす要因にもなりうるので、コーヒ豆はなるべく袋から出したり、別の袋に詰め替えたりせず、袋のまましっかり口を閉じてから保存容器に入れるようにしてください。

コーヒーが減ってきたら、都度しっかりと袋を折り返すなどして、袋の口が開かないようテープや輪ゴムでしっかり閉じましょう。

 

保存容器がないときに使える代用品は?

「コーヒー用の保存容器をわざわざ買うのは・・・」という方は、ジッパー付きフリーザーバックでも代用できます(写真はジップロック®)。

なるべく空気を抜いた状態で袋のまま豆を入れ、冷蔵庫に保存します。キャニスターのように場所を取ることがないので「冷蔵庫がパンパンで入り切らない」という方にもおすすめです。

 

保存容器を再チェックして最後の一杯まで美味しく

コーヒー豆の保存方法で大切なのは「密閉できること」。できる限り劣化要因から避けられる保存方法になっているか、おうちでの保存場所、保存方法を今一度、確認してみましょう。

そしてお気に入りの保存容器を見つけたら、正しい保存方法で、最後の一杯まで美味しく飲み切ってくださいね。コーヒーがあなたの手に届くまでに関わってくれたすべての人が、きっと喜んでくれるはずです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

 RANKING

人気記事

 CATEGORY

カテゴリー

 KEYWORD

キーワード
ページトップ