Product

コーヒー豆の正しい保存方法|風味を損なわず、鮮度を保って最後までおいしく味わうコツ

2019.04.01
コーヒー豆を購入した後、自宅で正しく保存できていますか?

最初は美味しかったのに、時間が経つうちにどんどん風味が落ちてしまった・・・そんな経験があるなら、保存方法に問題があるのかもしれません。

今回は、最後まで美味しく飲みきるための、コーヒー豆の正しい保存方法を解説します。

コーヒー豆の保存のコツは?鮮度を保つために抑えたいポイント

 

 

その見た目から、つい「乾物」のように扱いがちなコーヒー。でも実は、保存環境の影響が味にも表れてしまうとてもデリケートな食品です。

 

まとめ買いしたコーヒーを最後までおいしく飲みきるためには、「鮮度を保つこと」がポイント。新鮮なコーヒーを手に入れたら、生鮮食品のつもりで扱ってみてください。味の劣化に繋がる要因から守ることで、香りや風味を最後まで損なわずにおいしく飲みきることができます。

 

コーヒー豆のおいしさを保つために、次の4つのポイントに注意してみましょう。

 

酸素に触れる量を減らす

空気に含まれる「酸素」と触れると化学変化が起こり、コーヒー豆の酸化が進みます。すると、苦みや風味が落ち、本来の味が保てなくなります。

 

紫外線から守る(日光)

コーヒー豆は太陽や電灯による光にも弱いという性質を持っており、特に紫外線は酸化を進める要因になります。

 

高温を避ける

温度が高温になればなるほど酸化のスピードが早まるため、夏場は特に注意が必要です。

 

多湿を避け、湿度を一定に保つ(水分)

水分に触れると豆の品質を落とし、雑味を引き出す原因になってしまいます。湿度の高い場所はカビの原因にもなるので、注意しましょう。

 

おいしさを損なわないためには、こうした環境からコーヒー豆を守ることがポイントです。酸素に触れないよう密閉して、高温・多湿を避けた日の当たらない場所で保存するようにしましょう。

 

コーヒー豆の保存期間は「30日」程度が目安

 

コーヒーの保存期間は、どのような状態で保存するかによって、大きく変わります。コーヒー豆の風味を保ち、最後までおいしく飲みきるためには、どのような保存方法が適切なのでしょうか?

 

開封前と開封後の保存方法

密閉容器に入れていても、パッケージを開封すると空気や湿気が入り込みます。容器を開け閉めするたびに劣化や酸化が進むので、開封後は早めに飲みきるのがおすすめです。

 

未開封であっても温度差が激しい場所や直射日光が当たる場所は避け、冷暗所で保存しましょう。

 

豆と粉、より鮮度を保てるのは?

コーヒーを保存する場合、「豆」のままか、挽いて「粉」になった状態か、いずれかで保存するわけですが、保存条件が同じなら、鮮度がより保てるのは「豆」の状態です。

 

「粉」は「豆」をミルで細かく挽くした状態のこと。つまり「豆」の時よりも空気に触れる表面積が増えているため、酸化のスピードも早くなります。

 

コーヒーを開封した後は、粉の状態なら7〜10日、豆のままでも30日程度で飲みきるよう、心がけてください。

 

コーヒー豆の保存容器を選ぶポイントは?

 

せっかく家に置くのであれば、保存する容器にもこだわりたいところです。

 

陶器、ガラス、缶…様々な素材のものがたくさんあるので、それぞれの特徴を知って使いやすいもの、気に入ったデザインのものを見つけると、コーヒータイムがより楽しくなります。

 

保存容器の選び方としての最重要項目は、「密閉」できるかどうか、です。

 

前述したとおり、コーヒーは「酸素に触れる」「紫外線を浴びる」「高温・多湿」によって鮮度を落とします。鮮度を保つためには、高温多湿を避け直射日光の当たらない場所で、密閉できる容器で保存することが大切です。

 

コーヒーの保存容器には、陶器や缶、瓶など、いろいろな形や素材のものがありますが、選ぶときは、ゴムパッキンがついているなど、密閉性が高いかどうかをチェックしましょう。

 

缶で保管する場合は、お茶筒のように内蓋がついていてぴったり閉まる、二重構造のものを選ぶと良いですね。

 

ちなみに、コーヒー豆を直接保存容器に入れるのはおすすめしません。外気にさらしてしまうと鮮度が落ちるので、コーヒ豆は袋のまま保存容器に入れるのがおすすめです。

 

また、わざわざ保存容器を買わなくても、ジッパー付きフリーザーバックでも代用できます。なるべく空気を抜いた状態で袋のまま豆を入れ、冷蔵庫に保存しておきましょう。キャニスターのように場所を取ることがないので、「冷蔵庫がパンパンで入り切らない」という場合でも、おすすめです。

 

保存容器の選び方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

コーヒー豆を新鮮に保つ保存容器の選び方|おすすめの容器と適切な保存方法とは

コーヒー豆の保存にベストな場所は?常温・冷蔵・冷凍それぞれの保存方法のコツ

 

常温で保存する場合

未開封の状態で、数日で飲み切れる量の場合は、常温保存でも構いませんが、風通しが良く15℃以下の場所がおすすめです。

 

冷蔵庫で保存する場合

冷蔵保存をする場合、コーヒーが食品のにおいを吸ってしまうため、必ず密閉容器や袋に入れましょう。また、冷蔵庫の中でも開け閉めが頻繁ではない場所に保存するのがベストです。

 

冷凍庫で保存する場合

すぐに飲まない場合は、冷凍保存がおすすめですが、冷凍庫は内と外の温度差が大きいため、水滴もつきやすくなります。

 

前述のようにコーヒーは湿気を苦手とするため、なるべく出し入れはせず、1度に使う分ずつ小分けにして保存し、使う分だけ取り出すようにするとよいですね。

 

コーヒーを淹れるときはあらかじめ冷蔵庫に移動するなどして、自然解凍させておきましょう。

 

正しく保存できたコーヒー豆を更に楽しむために、正しい挽き方も理解しよう

 

コーヒーの風味を保てる保存方法を理解したら、せっかくなので挽き方にもこだわりたいところ。コーヒー豆の挽き方は、極細挽き(ごくぼそびき)/細挽き/中細挽き/中挽き/粗挽きの5つに大別できます。

 

「粉を細かく挽けば濃く苦めの味わいに、粗く挽けば薄く軽めの味わい」になります。抜き出せる成分の違いが、濃度や味わいの差になるので、目安となる挽き方を基準として、調整してみてください。

 

コーヒーは豆から粉にすることで表面積が増えます。つまり、酸素との接触面も増えるため、挽いた瞬間から劣化速度が速まります。コーヒーの鮮度に配慮し、飲む分だけを都度挽くようにしてみてください。

 

コーヒー豆の基本的な挽き方&挽き方別の特徴を解説!自宅でおいしいコーヒーを楽しもう

新鮮なコーヒー豆を選ぶコツ

コーヒー豆を購入する際、どうせなら新鮮でおいしいものを選びたいですよね。新鮮なコーヒー豆を手に入れるために気をつけたいポイントを4つご紹介します。

1. コーヒー豆が保存されているケースは清潔か

豆を保存するケースがきれいに保たれているか確認しましょう。ケースが豆からにじみ出た油分や殻で汚れている場合は要注意です。

 

2. ケースの場所が日光にさらされていないか

先述したとおり、豆の鮮度を落とす要因の1つが日光です。コーヒーのケースが直射日光にさらされていないか確認しましょう。

 

3. コーヒー豆がよく売れている店舗か

よく豆が売れているお店は、ケース内の循環が早いため、常に新鮮な豆がケース内に置かれていることになります。店頭で、豆の売れ行きを少し観察してみましょう。

 

4. 袋に記載されている焙煎日は日が浅いか

しっかりチェックしておきたいのが、コーヒー豆の袋に記載されている焙煎日。当然、焙煎から日が浅いものほど新鮮なので、できる限り日付が新しいものを選びましょう。

 

コーヒー豆を正しく保存し、最後までおいしいコーヒーを楽しもう

毎日飲むコーヒーだからこそ、毎日おいしく飲みたいもの。風味を長くキープして最後まで新鮮なコーヒーを楽しむためには、保存にも気を配ることが大切です。

 

いつもコーヒーをまとめ買いしている方は、こちらの記事を参考に、自分の保存方法をチェックしてみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

 RANKING

人気記事

 CATEGORY

カテゴリー

 KEYWORD

キーワード
ページトップ