MAGAZINEのトップへ戻る

コーヒー×炭酸の簡単レシピ3選|意外とおいしい炭酸コーヒーメニュー

2019.05.09
コーヒーメニューの中でも定番中の定番、アイスコーヒー。コーヒーが好きな方にとってもそうでない方にとっても馴染みのあるメニューですよね。

そんなアイスコーヒーに炭酸を加えて飲む「炭酸コーヒー(コーヒーソーダ)」をご存知ですか?
「どんな味がするのだろう…」と思ってしまいますが、実は意外にもおいしくさっぱり飲めてしまうのです。

今回は「コーヒー×炭酸」で楽しむ3つのレシピをご紹介します。

1. 手軽にできる「アイスコーヒー×炭酸」の作り方

まずは、ライターである私自身も夏場によく飲んでいる「シンプルな炭酸アイスコーヒー」の作り方をご紹介します。

用意するものは、名前の通りアイスコーヒーと炭酸水だけ。
コーヒーで作った氷を炭酸水で溶かしながら飲みます。

事前の準備が少々必要ですが、簡単にさっぱりとした新感覚のコーヒーが出来上がります。

炭酸アイスコーヒーに必要な材料

  • アイスコーヒー(適量)
  • 炭酸水(適量)
  • 製氷皿

炭酸アイスコーヒーの作り方

  • 事前の準備として、コーヒー氷を作ります。
    適量のアイスコーヒーを用意したら製氷皿に入れて凍らせましょう。
  • 出来上がったコーヒー氷をグラスに入れ、そこに炭酸水をゆっくり注いで完成です。

炭酸水でコーヒー氷が溶け出していき、徐々に変化するさまも楽しむことができます。

コーヒーの風味と炭酸が絶妙にマッチし、とても爽やかです。ほどよい苦味と炭酸の組み合わせは、ビールを飲んだ時の喉ごしに近いかもしれません。

独特な風味を味わえる炭酸アイスコーヒーは、夏の暑い日など、爽やかなのどごしを味わいたい方に、おすすめです。

アイスコーヒーは自分で豆から淹れたものを凍らせても良いですし、市販のアイスコーヒーを使えば、さらにお手軽です。
甘味の調整ができるよう「無糖」タイプをおすすめします。

コーヒー氷も、最近はユニークな形の氷が作れるシリコン製の製氷皿も販売されているので、写真のように「コーヒー豆」の形をしたコーヒー氷にしてみてもおもしろいかもしれませんね。

炭酸水も甘味付きのものにしてみたり、トニックウォーターを使ってみたりと、アイディア次第でさまざまなバリエーションが楽しめます。

2. カフェコンフィチュールソーダの作り方|好きなジャムを入れて楽しもう

ここからは、ひと工夫くわえて、さらに炭酸コーヒーを楽しむ方法のご紹介です。
ジャムにもよく似た「コンフィチュール」を使って、ちょっとお洒落なアレンジレシピです。

炭酸入りのアイスコーヒーに、フルーツのコンフィチュール(ジャム)を入れると、爽やかな飲み口にフルーツの酸味と甘味が加わり、深い味わいが楽しめます。

今回はマンゴーコンフィチュールを使った作り方をご紹介します。

カフェコンフィチュールソーダに必要な材料(1杯分)

  • アイスコーヒー 30ml
  • 炭酸飲料 80ml
  • マンゴーコンフィチュール(ジャム) 20g
  • ガムシロップ 適量

カフェコンフィチュールソーダの作り方

  • 用意したグラスに、マンゴーコンフィチュールを入れます。
  • お好みの量に合わせて、氷を入れて炭酸水を注ぎましょう。
    (このとき、静かに注ぐとコンフィチュールが綺麗な層になります)
  • 層を重ねるように、アイスコーヒーを注げば完成です。

お好みで、ガムシロップを入れて甘さを調整しても良いですね。

フルーツの甘味とコーヒーの苦味を、ソーダが上手に融合してくれて、とても飲みやすい味になります。

使用するコンフィチュールを、「イチゴ」や「マーマレード」などの種類でも作ってみるのも美味しいです。
見た目の色や味が変わるので、いろいろなカラフルメニューができて、より一層時間を彩ります。

もし、冷やしたグラスがあればより美味しさがUPします!ぜひお試しください。

3. カフェレモンピールソーダ|レモンで爽快感をプラスしよう

最後のおすすめアレンジレシピは、「レモンを使った炭酸コーヒー」です。

レモンピールのほのかな苦味とさっぱりした風味が加わることで、アイスコーヒー×炭酸の爽やかさが、さらに引き立ちます。涼やかな見た目もうれしい一杯です。

カフェレモンピールソーダに必要な材料(1杯分)

  • コーヒー 50ml
  • 炭酸水 120ml
  • ガムシロップ 15ml
  • レモン 1個(使うのは皮とスライス1枚分)
  • ミントの葉 1房
  • ロックアイス 適量

カフェレモンピールソーダの作り方

  • 最初に、コーヒーを準備します。細挽きにしたコーヒー(15g)を、お湯(120ml)で抽出し、冷やしておきます。
    このとき、コーヒーは濃いめに作るのがポイントです。

  • 次に、レモンピールを作ります。レモンの皮をよく洗い、白い綿が入らないよう、らせん状に23枚むいていきましょう。
  • 冷えたコーヒーをグラスに注ぎ、ガムシロップを加えてよくかき混ぜます。
  • グラスにロックアイスを入れ、炭酸水を静かに注いでいきましょう。
  • 最後に、ミントの葉とレモンピールを飾り付けて、出来上がりです!

レモンピールはの見た目の存在もあり、夏のウェルカムドリンクにぴったりです。綺麗に注いで層が作れたら大成功!
飲むうちに味わいも徐々に変わり、最後までその変化を楽しめるのもポイントです。

また、もっとリフレッシュに飲みたい時は、炭酸を変えてみてください。
強めの炭酸はとても相性が良いので、お好みや気分に合わせて楽しんでください!

アイスコーヒー×炭酸で、暑い夏を爽やかに乗り切ろう

いつもの飲み方に少し手を加えるだけでぐんと広がる、コーヒーの世界。
季節ごとにさまざまな飲み方を楽しめるのは、コーヒーの醍醐味でもあります。

今回ご紹介したレシピの材料は、どれも手軽に手に入りやすいものばかり。
アレンジもしやすいので、ぜひこの夏、「アイスコーヒー
×炭酸」を試してみてください。

炭酸コーヒーの他にも、夏におすすめの「水出しコーヒー」の作り方はこちらの記事でご紹介しています。

おいしい水出しコーヒーの作り方|自宅で作るコツやアレンジレシピも

さまざまなコーヒーを楽しむなら、こちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね!

【全12種】コーヒーメニューを解説|好みのカフェメニューを見つけよう

\ SNSでシェアしよう! /

 HISTORY

閲覧履歴
ページトップ