MAGAZINEのトップへ戻る

コーヒーの「ブレンド」と「ストレート」って何が違うの?|究極のマイブレンドの作り方

2019.06.05
カフェや喫茶店のメニューでよく目にする「ブレンド」。この「ブレンド」の意味は知っていますか?

今回はコーヒーの「ブレンド」をテーマに、「ストレート」との違いから、マイブレンドの作り方まで詳しく解説していきます。

コーヒーの「ブレンド」と「ストレート」の違いとは?

そもそも、「ブレンド」と「ストレート」の違いを的確に説明できる方は少ないかもしれません。まずは、これらについて整理してみましょう。

ブレンドとは?

数種類のコーヒー豆が配合されているものを「ブレンド」といいます。

コーヒー豆は種類によって特徴が異なります。複数の種類のコーヒー豆を混ぜ合わせることによって、それぞれの良さを活かせるのです。

店頭では「●●●ブレンド」等の名前がついていたり、パッケージ商品では複数の生産国名が表記されていたりします。

ストレートとは?

一種類のコーヒー豆からなるものを「ストレート」といいます。「シングル」と呼ばれることもあります。

ストレートでは、味や香りがはっきりしており、その豆の個性をダイレクトに味わうことができます。

メニューには、「モカ」「ブルーマウンテン」「ブラジル」など、単一の品種名や産地、生産国名で書かれていたりします。

 

「ブレンド」の魅力は“味の相乗効果”を楽しむこと

ブレンドを作るメリットはいくつかありますが、一番の目的は新たなおいしさを創造すること。

ブレンドすることによって、それぞれのコーヒー豆の長所を活かし合ったり、短所はカバーし合ったりと味の相乗効果を生み出すことができます。

つまり、豆の組み合わせや割合を変えることでその味わいは無限大。コーヒーの面白さのひとつですね。

マイブレンドを楽しむための、コーヒー豆の種類や特徴を紹介する記事もぜひ参考にしてくださいね!

コーヒー豆の種類と特徴|産地で変わる味の違いや豆の選び方

コーヒーをより深く楽しむ「マイブレンド」の作り方

ブレンドコーヒーは、実際にはどのようにして作るものなのでしょうか?

まず基本的な知識として、コーヒー豆は、コーヒーの木の種類から、アラビカ種とカネフォラ種(ロブスタ種)の2種類に分かれます。

酸味や甘い香りが特徴のアラビカ種はストレートに適しています。
一方で、カネフォラ種(ロブスタ種)は、苦味のあるパンチがきいた味わいが特徴です。そのため、メインでは使われることがほとんどありませんが、アラビカ種とブレンドすることで飲みやすくなります。

ここからは、コーヒーをブレンドする具体的な方法を、3つのステップに沿ってご紹介します!

Step1. どんな味を作りたいかをイメージする

まず「どんな味をつくりたいか」をイメージしてみましょう。

あなたが作りたい味は「どっしりとした味」「苦味のきいた味」「後味のすっきりした味」…どんな味わいですか?

なかなか思い浮かばない場合は、飲みたいシチュエーションをイメージしてみるのも一つの方法です

例えば、

  • 「和食の後に飲みたい」
  • 「朝一番に飲みたい」
  • 「チョコレートケーキと合わせたい」
  • 「ブラックで飲みたい」
  • 「シュガー&ミルクを入れて飲みたい」
  • 「香りを楽しみたい」

など、生活に寄りそうコーヒーのシチュエーションはたくさんありますよね。

シュガー&ミルクを加えて飲むならそれらを受け止められるコクのある味わいにしたり、香りを楽しみたいなら特に香りの高い豆を使ってみたり…。まずは仕上がりの味わいをしっかり想像してみることが大切です。

Step2. ベースとなる基本のコーヒー豆を選ぶ

ブレンドのベースとなる基本の豆を選びましょう。

個人で楽しむブレンドの場合、自由な発想で個性的な豆を選べるのも魅力のひとつ。

初めてブレンドを作るときにオススメなのは、「ブラジル」と「コロンビア」の定番コンビです。
風味が良いということに加え、品質や生産量が比較的安定していることから、商業的にもブレンドベースとしてよく使われています。

産地ごとに味わいが異なるコーヒー豆。同じコーヒー豆でも焙煎度合いによって、表現される味わいも違ってきます。

それぞれの豆の個性を知り、飲んだ時の味わいの印象を自分の中にしっかり記憶させることが大切です。

Step3. 味や香りをつけるアクセントの豆を選ぶ

ベースを決めたら次は、アクセントとなるコーヒー豆を選びます。

ごくごく一例ですが…

  • 苦みとコクを加えたいなら、深めに焙煎した「ブラジル」
  • 豊かな香りを楽しみたいなら「ガテマラ」や「キリマンジァロ」
  • 酸味の印象が強い仕上がりにするなら「モカ」を加える

など。仕上がりを想像しつつ、自分で記憶した味わいの中から追加する豆を選びます。

また、ブレンドに使用するコーヒー豆はベースも含めて3〜5種類程度にしましょう。
たくさん使いすぎるとそれぞれの個性がなくなり、かえって平坦な味わいになってしまいます。

出来上がりの量を10として「532」「3322」など、大きく区切った割合で配合を考えていきましょう。

コーヒー鑑定士になった気分で、ブレンドづくりにチャレンジ!

コーヒー鑑定士が味の判定を行う時には、人の味覚で味わいを判定する「カップテスト」を行います。

新鮮な数種類のコーヒーを手に入れたら、これと同じ方法で一度に何種類ものコーヒーの味わいを試しつつ、ブレンドづくりにチャレンジしてみましょう!

カップテスト方式でブレンドしてみよう

1. ガラス製のカップなどをコーヒーの数だけ用意
2. 粗めに挽いたコーヒー(8g程度)を入れ、お湯(140cc程度)を注ぎます
3. かき回しながら立ちのぼる香りをかぎ、コーヒーの粉が沈んだら表面に浮いた浮遊物を取り除いてコーヒー液を味わいます
4. それぞれの味が分かったら、スプーンで自分の考えた配合にコーヒー液をブレンド
5. 気に入った配合が出来たら、今度はコーヒー豆に置き換えて配合すればあなたの「ブレンドコーヒー豆」ができあがり

 

究極のマイブレンドを求めて、コーヒーライフをもっと素敵に。

各メーカーやカフェ・喫茶店では、その道の達人がコーヒーと向き合い新しいおいしさを創造しています。

「ストレート」ではなかなか表現できない味わいを生み出す「ブレンド」。

あなたも「味わい」という無限の可能性の中で、これだ!という「マイブレンド」を探してみてはいかがですか。きっともっとコーヒーが楽しくなります。

世界にたったひとつ、あなただけの味づくりにぜひ挑戦してみてください。

 

コーヒー選び、プロに任せてみませんか?

種類やブレンドによって千差万別の味わいが楽しめる、コーヒーの世界。そんな広大なコーヒーの世界で、あなただけの「好き!」を見つけてみませんか?

My COFFEEお届け便』は、コーヒーのプロフェッショナルが、厳選されたラインナップの中から、あなた好みに合わせたコーヒーをお届けする、MY COFFEE STYLE UCC オリジナルのサービスです。

コーヒー選びに迷ったら、ぜひ、あなた好みのマイブレンドに出会える『コーヒーの定期便サービス』を試してみてください。

あなたにぴったりの一杯が、きっと見つかるはず!

 

コーヒーを淹れてみたいな、と思ったら。

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

 HISTORY

閲覧履歴
ページトップ