MAGAZINEのトップへ戻る

いまさら聞けない「カフェインレス」のこと

2020.04.16
「カフェインレス」「カフェインフリー」「デカフェ」・・・何か違うの?同じなの?

今回は、よく聞くけど意外と知らない「カフェインレス」について、まとめてみました。UCCオンラインショップで買える、おすすめのカフェインレスコーヒーもご紹介します!

「カフェインレス」「ノンカフェイン」「デカフェ」の違いとは?

コーヒーに含まれている「カフェイン」は、活発な身体活動をサポートする成分です。

一般的にコーヒー豆や茶葉、カカオなどに含まれていることから、これらを主な原料とする食品や飲料は、必然的にカフェインの量が多くなります。

しかし、健康上の理由や、妊娠・授乳中などで「カフェイン量を控えなければいけない」という方が、いざカフェインを控えた飲み物を探してみると、「カフェインレス」「デカフェ」「カフェインフリー」「ノンカフェ」など、様々な表記が見られます。どんな違いがあるのでしょうか?

実は、それぞれ「カフェインを含む量」に違いがあります。

カフェインレスとは?

カフェインレスとは「カフェイン含有量が少ない」ことを表しています。

日本では、カフェインを90%以上取り除いたものを「カフェインレス」と表示する決まりになっており、全くカフェインが含まれていないわけではないので注意が必要です。

最近では、カフェインを97%カットしたコーヒー豆・インスタントコーヒーなどが販売されています。

ノンカフェインとは?

原料に全くカフェインが含まれていない飲み物のことです。

麦茶やハーブティーなど、カフェインを含まない素材で作ったものが該当するのが特徴で、妊婦さんなどカフェインの摂取に気をつけている方は、ノンカフェインを選ぶことをおすすめします。

デカフェ、カフェインフリーとは?

もともとカフェインが含まれていた飲み物から、カフェインを取り除いた飲み物全般のことを指します。

それぞれの違いのまとめ

つまり、それぞれの表記には、

  • 「ノンカフェイン」→カフェインが全く含まれていないもの
  • 「カフェインレス、デカフェ」→微量のカフェインが含まれている

という違いがあるんですね。

カフェインの摂取量に気を付けている方は、商品に記載されている表示が「カフェインレス」「ノンカフェイン」「デカフェ」のどれに該当するか、確認すると良いでしょう。

特に女性のカフェイン摂取は、妊娠中や授乳中など特に気になることが多いですよね。
ぜひ、こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

妊婦さんのコーヒーとの付き合い方|妊娠中のカフェイン摂取はOK?

カフェインレスコーヒーは、どうやって作られる?

カフェインレスコーヒーの製造方法はいくつかありますが、ほとんどは焙煎前の「生豆(なままめ)」と呼ばれる段階で、カフェインを除去しています。

水抽出法(みずちゅうしゅつほう)

一般的な製法で、コーヒーの生豆を水に浸し、溶け出たカフェインを特殊フィルターなどで除去する方法です。
ただし、香りや味成分も抜けがちになります

二酸化炭素抽出法(にさんかたんそちゅうしゅつほう)

コーヒーの生豆を高圧の二酸化炭素で抽出して、カフェインを除去します。
豆に負担をかけずにカフェインだけを狙って取り除くため、香りや味の成分を逃しにくい方法です。

最近ではこの方法で抽出された商品が多く売られており、カフェインレスコーヒーでも通常のコーヒーと同じ豊かなコクと香りを楽しむことができます。

これらの他にも、カフェインを溶かす薬品を使って取り除く方法もありますが、人体に影響のある薬品を使うため、日本では禁止されています。
また、生豆から取り除くのではなく、最初からカフェインを含まない(もしくは少ない)品種のコーヒーの栽培方法も研究されています。

カフェインレスコーヒー以外の「カフェイン量を抑えた飲み物」

妊婦さんや授乳中の女性だけでなく、体質や健康上の理由からカフェインを控えている方もいると思います。
そんなときでも上手に付き合える、カフェイン量を抑えた飲み物は、カフェインレスコーヒーをはじめとして様々なものがあります。

今回は、女性にも人気の「カフェイン量を抑えた飲み物5選」をご紹介します。

  • カフェインレスコーヒー
  • たんぽぽコーヒー
  • ルイボスティー
  • ローズヒップティー
  • 麦茶

カフェインレスコーヒーとは?

カフェインレスコーヒーは、カフェインを90%以上除去したコーヒーのこと。

昔は、カフェイン除去工程を経て、肝心の風味が失われてしまうものもあったので、今でも「カフェインレスコーヒー=美味しくない」というイメージを持っている方がいるかもしれません。

しかし、前述のとおり、製造方法が進化したことで、今ではコーヒーの味や香りを損なわない美味しいカフェインレスコーヒーが飲めるようになりました。

たんぽぽコーヒーとは?

「たんぽぽコーヒー」はその名の通り、たんぽぽを原材料にしたノンカフェインの飲み物です。
見た目や香りはコーヒーに似ていますが、味は濃い麦茶やほうじ茶に近いのが特徴です。

ルイボスティーとは?

「ルイボス」という植物を原材料にした、ノンカフェインのお茶です。
アフリカでは「不老長寿のお茶」として親しまれており、ルイボスティーの産地は世界中でセダル山脈ただ一つとなっています。

ルイボスティーにはミネラルが豊富に含まれており、香りが良く、癖やしぶみが少ないのが特徴で、女性に人気があります。

ローズヒップティーとは?

野ばらが咲いた後の果実を原材料にしたノンカフェインのハーブティーです。爽やかな甘い香りと程よい酸味が特徴で、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

鮮やかな赤色で香りも良く、ゆっくりとくつろぎたいときにぴったりです。

麦茶とは?

暑い夏、自宅に常備されている方が多い麦茶も、ノンカフェインの飲み物です。
クセがなく飲みやすいのが特徴で、香ばしい香りがさらに味わいを広げます。水分補給に役立ち、血液をサラサラにする効果もあると言われています。

濃い目に煮出した麦茶に豆乳を混ぜると、まろやかなミルクコーヒーのような味わいになります。

おやすみ前のリラックスタイムに。
おすすめのカフェインレスコーヒー商品

まずはこちらの「おいしいカフェインレス 50P」。

1箱にたっぷり50杯分のカフェインレスコーヒー入り。心癒される優しいイラストのパッケージは、妊娠した方や授乳中の方などへの贈り物にもオススメです。カップにひっかけてドリップするタイプなので、器具要らずで簡単に淹れられるのも嬉しいですね。

商品の詳細

  • 品名:レギュラーコーヒー(粉)
  • 原材料名:コーヒー豆(生豆生産国名:ブラジル)
  • 内容量:7g×50杯分
  • 賞味期限:製造日より12か月

 

もうひとつは、発売以来人気のカフェインレスコーヒー、「CAFE@HOME」シリーズの『グッドナイトカフェインレス』

真空パックになっているので、いつでも飲みたい時に鮮度の高いカフェインレスコーヒーを楽しむことができます

コーヒー豆はエチオピアとコロンビアを使用し、香りとコクのバランスが取れたブレンドは、カフェインを控える必要のない方からも「美味しい」という理由で選んでいただけます

「いつも自分だけ違うものを飲んでいたけど、いまは夫と一緒に同じコーヒーが飲めるようになって嬉しい」そんな妊婦さんからの声もあります。

カフェインレスに気を使わない方でも美味しく味わっていただけますので、ご家族みんなでカフェインレスコーヒーを飲む習慣を付けるのもいいですね。

商品の詳細

  • 品名:レギュラーコーヒー(粉)
  • 原材料名:コーヒー豆
  • 内容量:10g×6個
  • 賞味期限:製造日より15か月

『グッドナイトカフェインレス』のご購入はこちら

COFFEE STYLE UCC オンラインショップでは、カフェインレスコーヒーが1杯分ずつ購入できるほか、6個セットや、各種コーヒーと詰め合せになったギフトボックスもご用意しています。

■ 単品でのご購入はこちら(別売りで専用ボックスもご用意しています)

■ ギフトボックス入りのセットのご購入はこちら

美味しいコーヒーを味方に免疫力アップを心がけて

免疫力を高めることが重要視されているいま、バランスの良い食事や質の良い睡眠を十分にとることはとても大切。

ストレスを感じることがあっても、カフェインレスコーヒーがそばにあれば、おやすみ前でも安心してくつろぎの一杯を楽しむことができます。美味しいコーヒーを味方につけて、明日もまた元気に過ごしていきましょう。

くつろぎタイムのコーヒーをより美味しくする、コーヒーカップをこだわって選んでみるのもオススメです。

コーヒータイムの名脇役「器」のお話|コーヒーカップの種類・歴史や選び方を解説

\ SNSでシェアしよう! /

 HISTORY

閲覧履歴
ページトップ